体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本当は「出世したくない」と思っているのかもしれない

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第33回目は「間違った目標設定と正しい目標設定の違いとは(3)」についてです。

f:id:fujimine:20170921150435j:plain

自分が立てた目標を、なかなか達成できない。がんばっているのにうまくいかない。やればやるほど空回りする。

この悩みの理由は目標設定の方法が間違っているからです。

3回にわたりご紹介してきましたが、一番根っこの部分をお伝えしましょう。

頑張っても達成できていないという目標は、実は、自分の潜在意識(無意識)の深い部分では、「その目標を達成してしまうと困る」と思っているのです。あなたの心では、本当は達成したくないのです。

「いや、それは絶対ない!達成して、豊かになりたいのは間違いがない!」

このように思ったのは、あなただけではありません。私もこのことを学んだときは、「いや、達成したくないなんてことは絶対にない!」と思いましたから、あなたの憤りはよくわかります。ではわかりやく説明していきましょう。

「本当は目標達成したくない」が意味することとは?

私が営業をしていたころ、「売れる営業になる」という目標を常に持っていました。NLP心理学のコミュニケーションスキルを学んでから、いきなり全国1位になりました。その後、上位グループに入れることも多くなりましたが安定しませんでした。

いつもなら自分が上位になれるような数字を叩き出したのに、会社全体がそれ以上売れてしまって平凡な数字になってしまったり、いつも上位の人がみんな調子を崩しているというチャンスに、自分も売れなかったりということが多かったのです。

もちろん、前々回の記事でも紹介しましたが、これは主体的な目標ではありません。自分だけでコントロールできる要素以外について考えてもしょうがないわけです。

「個人的な数字を追いかけることが、心の平安を保てる」ということを、当時は知りませんでした。

ですが、目標設定の技術を学んで、自分が目標を達成できない根本的な問題があることがわかりました。

目標を達成できない理由の一つ、「その目標を達成してしまうと困る」という状態をNLP心理学では、「二次利得」と呼びます。

二次利得とは?

「売れる営業になりたい」「お金持ちになりたい」

当時私が、このように願い続けていたのに、なぜ達成できなかったのでしょうか?

前回お伝えしたとおり、潜在意識は、五感を使ってイメージしたものは、イメージに近づけるようどんどん引き寄せてくれます。このことは知っていたので、売れる営業になったときの状態を常にイメージしていました。

また、「お金持ちになったら、車を買って、家を買って、海外旅行に行こう」と、カタログやイメージ写真を集めたりもしていました。でも、いずれもなかなか達成しませんでした。

それらの理由は、NLP心理学を学び目標設定をした際に明らかになりました。

「目標を達成していないことで得ている、肯定的な要素は何ですか?何が止めていますか?」

こんな質問をされて驚きました。

「いや、トップ営業にならないことで、得ていることなんてないですよ。トップになったら尊敬されるし、昇進できるし、給料も上がるし、生活が豊かになります。売れてない状態で得られているプラスなんて、何一つないですよ。ですから止めているものもないですよ」

こんなふうに返事をして、それ以上深く考えることはできませんでした。

そこで講師の方が質問を続けました。

「売れてしまったら、失うもの、不利益になることは一つもないですか?」

「うーん、そう言われたら、ないこともないです」

「どんなことですか?」

「売れるようになって昇進したら責任が増えます。上司みたいに土日出勤もしなきゃいけない。上司の中には正月以外は休んだことがないという人もいます。管理職は、プライベートはほとんど犠牲にしてるんです。売れないみんなで上司の悪口を言いながら飲むのが恒例行事だけど、今度言われる側になってしまうという怖れもあります」

責任が増える。休日返上が増える、ストレスがたまる。身体も壊すかもしれない。悪口を言われるかもしれない…。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。