体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅行好きにおすすめのエチゴビール5選

旅行好きにおすすめのエチゴビール5選

皆さん、エチゴビールという名前を聞いたことがあるでしょうか?名前は覚えていなくても、ビールのパッケージを見れば「あ!」となる人も多いのでは?

新潟市にあるエチゴビール株式会社が作る地ビール・エチゴビールは、クラフトビールブームにも乗り、近年ますます人気急上昇中!そこで今回は、旅行好きにおすすめのエチゴビールを5選にまとめてみました。

 

エチゴビールとは

新潟県を代表する地ビール(クラフトビール)ブランドとして知られるエチゴビール。1994年の酒税法改正を受けて製造を開始した、全国初のクラフトビールブランドです。

日本で最初の地ビールとなったエチゴビールは、均質的な味を追うことなく、姿形の分かる個性的なビールを造りたいという想いが込められています。これまで人々に馴染みが薄かった本格派ビールを広く社会に広めたエチゴビールは、まさに日本の地ビールのパイオニアと言えるでしょう。

 

エチゴビール FLYING IPA

旅行好きにおすすめのエチゴビール5選

エチゴビール FLYING IPA 缶 350ml 24本 (1ケース)
posted with カエレバ

エチゴビール

Amazon
楽天市場

他のビールにはなかなかない、シトラスの香りが特徴的なクラフトビールです。アメリカンスタイルのIPAで、味わいは比較的軽く、個性的なビールが苦手な方でも飲みやすいです。パッケージもユニークで良いですね!

 

エチゴビール こしひかり越後ビール

旅行好きにおすすめのエチゴビール5選

エチゴビール こしひかり越後ビール 350ml×24本入り
posted with カエレバ

エチゴビール

Amazon
楽天市場

新潟の豊かな自然から生まれた、おいしいこしひかりと水を使用した、こしひかり越後ビール。すっきりとした喉越しとキレで、辛口が好きな人にはたまりません!ドイツ伝統のデコクション製法で仕込んだこだわりの一品です。

 

エチゴビール ホワイトエール ヴァイツェン

旅行好きにおすすめのエチゴビール5選

エチゴビール ホワイトエール ヴァイツェン 350ml×24
posted with カエレバ

エチゴビール

Amazon
楽天市場

ホワイトエール ヴァイツェンは、小麦麦芽を使用したドイツ伝統の白ビール・ヴァイツェンというスタイルに分類されるビールです。麦芽特有の白く美しいにごり、酵母由来のバナナのような甘いフレーバーが魅力的です。

 

エチゴビール プレミアムレッドエール

旅行好きにおすすめのエチゴビール5選

エチゴビール プレミアムレッドエール 350ml×24
posted with カエレバ

エチゴビール

Amazon
楽天市場

1994年に日本の第一号地ビールとして誕生したエチゴビール。プレミアムレッドエールは、紅茶のような濃い赤茶色が特徴的なビールです。フルーティなアロマがふんだんに感じられ、柑橘系+ハーブのような爽やかなホップフレーバーがよく目立っています。

 

エチゴビール ピルスナー

旅行好きにおすすめのエチゴビール5選

エチゴビール ピルスナー 缶 350ml×24本入り
posted with カエレバ

エチゴビール

Amazon
楽天市場

マイルドな飲みやすさがおいしいエチゴビール。ピルスナーの原点「チェコクラシック」にこだわり、ピルスナーのオリジナルホップとされるザーツ地方産ザーツ種のホップのみを贅沢に使用しています。麦芽のコクとホップのさわやかな香りが特徴の本格派ビールです。

 

地ビールならではのこだわりが素敵

いかがでしたか?ビールの味が素晴らしいのはもちろんのこと、パッケージもユニークで思わず人に自慢したくなるエチゴビール。こんな魅力的な地ビール、買わないわけありませんよね。

米どころ新潟が誇る自慢のエチゴビール。ぜひ皆さんも、今回ご紹介した商品をいろいろ試してみてくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

新潟観光で行きたいおすすめ絶景スポット7選
いつだって雪国は美しい。東北の人々の優しい笑顔に照らされて。
世界中にある乾杯の掛け声!18カ国分まとめ
世界を旅する太鼓集団「鼓童」の肉体美に惚れる。サンバの国ブラジルも熱狂!

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。