体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桐嶋ノドカ 小林武史&ryo(supercell)プロデュース作リリース決定

桐嶋ノドカ 小林武史&ryo(supercell)プロデュース作リリース決定

 OORONG MANAGEMENT所属のシンガーソングライター 桐嶋ノドカ。11月22日にシングル『言葉にしたくてできない言葉を』をリリースすることが発表された。

 同シングルは、音楽プロデューサーの小林武史とryo(supercell)がタッグを組んで彼女をプロデュースする新プロジェクトの第1弾シングル。自身が初主演を務める映画『爪先の宇宙』の主題歌と挿入歌や、自ら作詞を手がけた楽曲なども収録される。また、新曲の制作風景を収めたティザー動画もYouTubeにて公開されている(https://youtu.be/zV4HQngDPMA)。

 映画『爪先の宇宙』は、マンガノベルアプリ「comico」(コミコ)で連載中のmanni原作による人気公式マンガの実写映画化作品で、2018年に公開予定だ。桐嶋が演じるのは主人公 吉河亜紀役で、舞台を中心に活躍中の北村諒とダブル主演となっており、その他キャストとして、加村真美、美沙玲奈、名塚佳織、廣瀬智紀が発表されている。

(C)cmanni/comico
(C)「爪先の宇宙」製作委員会

◎桐嶋ノドカのコメント
これまでにない濃密なやりとりの中で生まれた大切な楽曲達です。いい歌って何だ? という根本的な問いに真摯に、自由に、向き合って作りました。結果、三者三様の音楽に対する意地の様なものを、ひとつの作品に込めることが出来たと思います。早く皆さんに聴いていただきたいです。

◎リリース情報
シングル『言葉にしたくてできない言葉を』
2017/11/22 RELEASE
<TYPE-A(CD+Blu-ray)>
KIZM-509/510 1,800円(tax out.)
<TYPE-B(CD)>
KICM-1816 1,200円(tax out.)
収録曲:
1.言葉にしたくてできない言葉を(映画『爪先の宇宙』主題歌)
作詞・作曲:ryo(supercell)編曲:小林武史 / ryo(supercell)
2.夜を歩いて(映画『爪先の宇宙』挿入歌)
作詞:桐嶋ノドカ 作曲・編曲:ryo(supercell)
3.How do you feel about me ?
作詞・作曲・編曲:ryo(supercell)
4.未定(TYPE-Bのみ収録)
TYPE-A Blu-ray収録内容:
・「言葉にしたくてできない言葉を」Music Video
・桐嶋ノドカ×爪先の宇宙 コラボレーションMOVIE(3曲予定)

関連記事リンク(外部サイト)

小林武史&ryo(supercell)のWプロデュース! 桐嶋ノドカ再始動
【ビルボード】「打上花火」総合首位返咲き YouTubeで急伸「ダンシング・ヒーロー」総合2位 安室奈美恵なんと12曲チャート・イン
HIDEYA KOJIMA×loundraw×T.B.Aからなるアーティスト集団 CHRONICLE「君のいる場所」MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。