体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大塚 愛が「もう辞めてもいいな」と思った瞬間とは? デビュー14周年企画第2弾

大塚 愛が「もう辞めてもいいな」と思った瞬間とは? デビュー14周年企画第2弾

 大塚 愛のデビュー14周年を記念して第9弾に分けて年末まで実施される、14年間のインタビュー掘り起こし企画と、配信プライスオフキャンペーン。この第2弾がスタートした。

 インタビュー掘り起こし企画第2弾は、2006年10月の『恋愛写真』インタビュー。配信プライスオフ第2弾は、2ndアルバム『LOVE JAM』で、9月27日から2週間実施される。なお、次回10月11日からは3rdアルバム『LOVE COOK』となる。

◎大塚 愛『恋愛写真』インタビュー(2006年10月)
URL:http://bit.ly/2y6D0c1

「もう辞めてもいいな」って、一瞬、思うぐらいの達成感はありましたね。

 2006年、常にヒットチャートを席巻し、年末の『輝く!日本レコード大賞』『NHK紅白歌合戦』へも連続出演。すっかり時の人となっていた彼女は、初のバースデーライブ【大塚 愛[LOVE IS BORN]~3rd Anniversary 2006~】(※後にラブボンと呼ばれ、毎年恒例の公演となる)を日比谷野外大音楽堂にて開催した。

 この公演について「一番好きな自分の曲を歌うと言って、「ポケット」という未発表曲を披露されていましたよね? 自分の気持ちを初めてと言ってもいいぐらい100%込めた曲と紹介していましたけど、今そういう曲を作ろうと思ったのは一体どんな心境から?」とインタビューしたところ、「プレゼントをしたくなったんです、好きな人に。「今まで作った中で一番良い楽曲だな」って思った曲なんですよ。だから今まで支えてくれたみんなへの感謝の想いを込めて、自分が一番良いと思う楽曲を聴いてほしいなと思って披露しました」と答え、さらに同曲が完成した際には「「もう辞めてもいいな」って、一瞬、思うぐらいの達成感はありましたね」とコメントした。

 ちなみに、この時点では「元々リリースする予定で創った曲ではないので……。でも「みんなに聴いてほしい」という気持ちが生まれたときに初めてリリースするかもしれないです。」としており、後に代表的なバラードとなる「ポケット」のリリース予定はなかったが、翌2017年11月にシングルリリース。各所で幾度となく多くの涙を誘うことになる。(TEXT:平賀哲雄)

◎『LOVE JAM』配信プライスオフURL
iTunes:http://apple.co/2y7szoF
レコチョク:http://bit.ly/2k2DV7i
mu-mo:http://bit.ly/2xKxgUp

関連記事リンク(外部サイト)

大塚 愛がエイベックスにもたらした変化とは? デビュー14周年記念インタビュー掘り起こし企画など開始
大塚 愛“日本一美しい星空”の下で「プラネタリウム」など星の曲を披露
【情熱大陸ライブ2017】Char/大塚 愛/村上佳佑の出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy