体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】向かうところ敵なし! エド・シーラン、遂に洋楽チャート19週目のNo.1に

【ビルボード】向かうところ敵なし! エド・シーラン、遂に洋楽チャート19週目のNo.1に

 エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が、先週を上回るポイント数で、Billboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”通算19週目の1位となり、洋楽チャートNo.1最長記録を再び更新した。

 これまでデジタル・セールス、動画再生回数、ストリーミングの3指標で洋楽勢TOPをキープし続けてきた「シェイプ・オブ・ユー」だが、今週はデジタル・セールス1位の座を惜しくもカーリー・レイ・ジェプセン「カット・トゥ・ザ・フィーリング」に受け渡してしまった。とはいえ、2位のテイラー・スウィフト「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」との差は1800ポイント以上あり、今後もしばらく1位に君臨することが予想され、洋楽チャート年間1位も確定だろう。

 TOP3に変動はないが、前週10位にランクアップしたシーアの「シャンデリア」がさらに順位を伸ばし今週7位に。ナタリー・ポートマン主演のクリスチャン・ディオールによるフレグランス“Miss Dior”のCMソングに起用されたことで、デジタル・セールスが伸びており、動画再生回数、ストリーミングも順調に推移している。9位には、アリアナ・グランデの日本独自企画ベスト盤『ザ・ベスト』のリリースを受け、同作のオープニングを飾る「ブレイク・フリーfeat.ゼッド」が、先週19位から大幅にランクアップし、9位につけている。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
2位「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」テイラー・スウィフト
3位「カット・トゥ・ザ・フィーリング」カーリー・レイ・ジェプセン
4位「クローサーfeat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
5位「ホワット・ラヴァーズ・ドゥfeat.シィザ」マルーン5
6位「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーン
7位「シャンデリア」シーア
8位「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー
9位「ブレイク・フリーfeat.ゼッド」アリアナ・グランデ
10位「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」マーク・ロンソン

関連記事リンク(外部サイト)

エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」、Spotify史上最多再生回数の記録を更新
【agehasprings】極上ポップス製造マシーンが紡ぎ出す次世代音楽~エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」~
スクリレックス&エド・シーラン、サプライズ・セットでクラブを盛り上げる

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。