体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テラス・マーティン、新プロジェクト参加メンバーを引き連れた来日ツアーがスタート

テラス・マーティン、新プロジェクト参加メンバーを引き連れた来日ツアーがスタート
 テラス・マーティンの来日公演が、9月26日にビルボードライブ東京で開催された。
 ケンドリック・ラマーの最新作『DAMN.』のプロデュースや、先日リリースされたカマシ・ワシントンの最新作『Harmony of Difference』に参加するなど、プロデューサー、そしてサックス奏者として近年目覚ましい活躍を見せるテラス・マーティン。自身も新プロジェクトを結成し、7月にポリシーズとしてアルバム『Sounds of Crenshaw, Vol.1』をリリースした。最新アルバムを携えての公演とあり、会場には最新ステージに期待を膨らませたファンが多く集まっていた。
 定刻通り開始したショーは、新旧織り交ざった楽曲が披露された。テラスはサックスだけでなくキーボード、ヴォコーダーを巧みに操り、その多才さを発揮。昨年の来日メンバーのマーロン・ウィリアムズ(Gt.)、ブランドン・オーウェンズ(Ba.)、今回新たに参加したトレバー・ローレンス(Dr.)、キーファー・ジョン・シャックルフォード(key.)とともに、息の合ったステージングを見せていた。ショーが進むにつれてテラスのサックス・プレイは徐々に熱量を帯びていき、それに合わせてバンドの演奏、そして会場のボルテージも上昇。ショー終了まで、アツいパフォーマンスで会場を盛り上げていた。
 今回の来日公演には3人のシンガーがステージに登場。ワイアン・ヴォーン(Vo.)が艶やかな歌声を披露すると、ローズ・ゴールド(Vo.)は無垢な天使のような歌声で会場を魅了した。また、ショー終盤にはワイアン、ローズとともにカリフォルニアのコンプトン出身のチャチ(Vo.)が登場。チャチのソウルフルな歌声が響き渡ると、会場からは曲に合わせて手拍子が起こり、この日一番の盛り上がりとなった。
 テラス・マーティンは、本日9月27日の東京公演を終えた後、9月29日にビルボードライブ大阪で公演を行う。現代最重要プロデューサー/サックス・プレイヤーと称される彼の最新ステージをお見逃しなく。

Photo:Yuma Totsuka
◎公演情報
【テラス・マーティン】
2017年9月26(火)・27日(水)
ビルボードライブ東京
1stステージ 開場 17:30 開演 19:00
2nd ステージ 開場 20:45 開演 21:30
2017年9月29日(金)
ビルボードライブ大阪
1stステージ 開場 17:30 開演 18:30
2nd ステージ 開場 20:30 開演 21:30

URL:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】フー・ファイターズ初登場1位、防弾少年団が自身初のTOP10入り
エアロスミス、スティーヴン・タイラーの治療のため中南米ツアーをキャンセル
イディナ・メンゼルが再婚! ディズニー・プリンセスさながらのウェディング・ドレス姿を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。