体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

時間帯に合わせて色が自動で変わる! スマート電球「LIFX Mini」がプレオーダー受付開始

スマホでオンオフや色などを操作できるLEDスマート電球「LIFX」に、姉妹品となるMiniが間もなく加わる。夜明けから日没後まで、時間帯に合わせて色が自動で変わるというもの。

起床時はソフトな色、日中はアクティブ性を促すような明るい色などと、自動で色が変わることによりユーザーの健康やライフスタイルをサポートする。

現在、サイトでプレオーダーを受け付けていて、価格は24.99~44.99ドル(約2800~5000円)となっている。

・専用アプリで設定

Miniは全3種類。オリジナルの LIFXと同じように色を自由自在に変えられるタイプ、色は変わらないがホワイトを変えられるDay & Dusk、色もホワイトも固定のWhite。

それぞれ特性はあるものの、いずれもアプリで操作でき、時間帯によって照明を自動で変えられる機能を搭載している。夕暮れ時は落ち着いたアンバー色になり、夜はナイトライトとなってから消えるといった具合に設定することができる。

・自然なライフスタイルに

この新機能は、人の体は明るさに影響を受けることを考慮してのことだ。例えば、夜に明るい光を長く浴びていると、体は覚醒した状態を保とうとする。逆に、照明が落ち着くことで、体はリラックスした状態になる。

また、朝に明るい色のライトを浴びると快適な目覚めになるなど、一定のリズムでライトを浴びることで自然なライフスタイルとなることを期待できる。

Miniの寿命は22.8年と長持ちするので、電球を新しくしたい人などは選択肢に加えてみてはいかが。

LIFX Mini

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。