体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一目置かれるリーダーの「人を育てる」聴き方とは?

『仕事が「速いリーダー」と「遅いリーダー」の習慣』(明日香出版社)の著者である石川和男さん。石川さんは、建設会社総務部長・大学講師・専門学校講師・セミナー講師・税理士と、5つの仕事を掛け持ちするスーパーサラリーマンです。そんな石川さんに「仕事が速いリーダー・仕事が遅いリーダーの特徴」について伺うこのコーナー。今回は「部下が育つリーダーの聴き方の技術」についてです。

f:id:fujimine:20170926125338j:plain

「叱ること」に問題があるのではなく「叱り方」に問題がある

私が以前勤めていた建設会社での話です。Aさんは、部下の起こした小さなミスまで徹底的に指摘するリーダーでした。細かい点まで指摘すること自体は悪いことではありません。

あの経営の神様と言われた松下幸之助氏も

「大きな失敗は本人も反省しているし一生懸命やったうえでするもの。小さな失敗は、おおむね本人の不注意、気のゆるみから起こってくるし、本人もそれに気づかない場合が多い。だから、小さな失敗は厳しく叱る必要がある」

と言っています。

細かいところまで指摘することで本人が気づき、成長し一人前になっていくなら問題はありません。しかしミスを指摘することだけにフォーカスし、部下を委縮させ、成長するどころか最悪退職にまで追い込むようでは意味がありません。

つまり「叱ること」に問題があるのではなく「叱り方」に問題があるのです。

「なぜ?」「どうして?」「何で?」は責められているとしか感じない

リーダーAさんは、部下のBさんを呼びつけ細かなミスを指摘していました。Aさんは、いつも自分のデスクに部下を呼びつけ、部下を立たせたまま叱りつけます。ときには何時間も続くことがありました。

A: 「最近ミスが多くなってきているな。なぜだ?」

B: 「先月から新しく担当になったCさんが、慣れていないみたいなので」

A: 「慣れていないって。どうしてCにすべてを任せているんだ?」

B: 「チェックはしていますが、細かくは……」

A: 「何で、すべてを細かくチェックしていないんだよ!」

B: 「他にも仕事を抱えていて、この時期は手が回らないからです」

A: 「それは言い訳だろ!!」

B: 「も、申し訳ありません……」

「何で」と聞いておいて理由を言うと「言い訳するな」というリーダー(笑)。あなたのまわりにもいませんか?

このような叱り方。つまり「なぜ?」「どうして?」「何で?」と質問攻めで叱るのは逆効果になりかねません。この聞き方は、ミスや失敗にではなく、部下本人を対象にしているからです。

部下も、自分が責められているとしか感じません。

そのため、この場から早く逃げようという意識が生まれ、言い訳ばかり考えてしまうのです。

また、リーダーが責め続けてしまうと、「すみません」「申し訳ありません」としか言葉が返ってこなくなってしまいます。

何よりも「WHY」は、過去に目を向けているだけなので、解決策にならないのです。

では、どうしたら良いのでしょうか?

部下に指導するときは「何で?」ではなく「どうしたら?」と提案するのです。

「WHY」ではなく、「HOW」で考えるのです。今、あなたに投げかけた「では、どうしたら良いのでしょうか?」も「HOW」ですよね。

「WHY(過去)」思考から「HOW(未来)」思考へ

f:id:fujimine:20170926125440j:plain

次の2つを比べてみてください

1.「頼んでいた企画書。期日までに出来なかったんだって? なぜ、完成できなかったんだ?」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy