体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本酒をもっと好きになってほしい! 千葉の幼馴染2人が大学在学中に立ち上げた「SakeBase」に込めた思い

日本酒をもっと好きになってほしい! 千葉の幼馴染2人が大学在学中に立ち上げた「SakeBase」に込めた思い SakeBaseインタビュー_01 SakeBaseインタビュー_01

日本酒好きの大学生2人が立ち上げた団体「Sake Base」。小学校からの同級生という間柄でもある宍戸涼太郎さんと土屋杏平さんが、若い世代の日本酒離れや需要低迷の傾向などに危機感を持ち、「もっとたくさんの人に日本酒の魅力を伝えたい」と今年4月に設立しました。日本の伝統を廃れさせまいとする強い思いが込められたその活動について、詳しくお話を伺ってきました。

 

イベントやSNSでの発信を通し、若い世代にも親しみを持ってもらう

SakeBaseインタビュー_02

――「SakeBase」ではどのような活動をされているのでしょうか?

SakeBase宍戸さん

宍戸さん:日本酒のすばらしさや奥深さを広める活動をしています。各地の酒蔵を訪れたり、品評会などで杜氏とお会いしてお話をうかがったりして実際に飲んだ銘柄をSNSで紹介しています。

SakeBase土屋さん 土屋さん:月に1~2回ほど行っているのが「カクウチ」。酒屋さんの店内で立ち飲みする昔ながらの「角打ち」というスタイルを基に考案したイベントです。主に屋外の空ペースを借りて手作りのカウンターを持ち込み、毎回異なる5種類の日本酒を販売しています。SakeBaseインタビュー_03千葉県内や都内を中心に開催する「カクウチ」。毎回ラインナップが異なるとあってリピーターも多い(写真提供:Sake Base) SakeBase宍戸さん

宍戸さん:ほかには各地の酒蔵から仕入れた日本酒を飲食店へ卸しています。また、9月からは僕たちがおすすめする日本酒を3本セレクトしてお届けするサービス「Club Sake Base」(月額税込5400円、送料込)も開始しました。11月からは浅草に日本酒の自動販売機も設置します。

――自動販売機ですか!? 多岐にわたる活動をされていますね。

SakeBase土屋さん

土屋さん:ボタンを押すとおちょこに注がれるんですよ。土地柄、外国人観光客が多いのでたくさんの人に日本酒に触れるきっかけになってもらえたらうれしいですね。

――今年4月に活動をスタートしてから約半年。手ごたえはいかがでしょう。

SakeBase土屋さん

土屋さん:毎回「カクウチ」を楽しみに来てくださる方も多く、そのお客さんが友達を連れてきて広めてくださって…若い世代にも好評でうれしいですね。

SakeBase宍戸さん

宍戸さん:「良い日本酒を置きたいんだけど、メニューに合う銘柄がわからない」と相談を受けていた居酒屋の方から「卸してもらうようになってから売り上げが伸びました!」と報告をもらったときは達成感がありました。扱うお酒は全部実際に飲んで「おいしい!」と思ったものばかりなので、要望に合った日本酒をピンポイントで勧められるのが強みだと思っています。

 

日本酒好きになったきっかけは、古き良き日本文化へのあこがれ

SakeBaseインタビュー_04事務所にも各地から取り寄せた酒がずらり。20種100本ほどが並ぶ。
1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。