体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きらめくルビー色でSNS映え抜群!シソ香るお酒『鍛高譚(たんたかたん)R ドライスパークリング』9月26日新発売!

しそ焼酎「鍛高譚」シリーズに新商品が登場! 『鍛高譚R ドライスパークリング』は、2017年モンドセレクション金賞を受賞した「鍛高譚R」のスパークリング缶バージョン。華やかなルビー色のお酒は、グラスに注げばSNS映えすることまちがいなし!

 

見た目はかわいく味はスッキリ!『鍛高譚R ドライスパークリング』9月26日発売!

オエノングループの合同酒精株式会社(東京都中央区)のしそ焼酎「鍛高譚」は、男性にも女性にも長年愛されているシリーズ。中でも「鍛高譚R」(720ml瓶・希望小売価格 税抜980円)は「鍛高譚」に使用される赤シソを5倍以上も使用したお酒で、赤シソ由来の鮮やかなルビー色が美しく、特に女性ファンを多く持つ人気商品。2017年「モンドセレクション」金賞を受賞したことでさらに人気が集まっている。

「鍛高譚R」の”R”は、レア(RARE)、リッチ(RICH)、ルビー(RUBY)の3つのRに由来。”レア”は、使用されている赤シソの希少性から。北海道白糠(しらぬか)町産の契約農家で栽培される鍛高譚ブランド専用のレアな赤シソにこだわり、しかも赤シソの栽培期間中の農薬は不使用だから安心。

 

“リッチ”は、しそ焼酎「鍛高譚」の5倍以上の赤シソを使用した贅沢さ。香料不使用で、赤シソの華やかな天然のアロマをたっぷりと味わうことができるという。

“ルビー”は着色料不使用で天然の赤シソ由来の鮮やかなルビー色のこと。グラスに注ぐと美しさが際立つから、SNS映えは抜群だ。そんな「鍛高譚R」は、発売から1周年の2017年9月中旬にリニューアル販売を開始。低温で赤シソを浸漬することで素材のよさを抽出する“低温浸漬法”を採用し、赤シソのさっぱりとした上品な香りはそのままに、よりスッキリとした飲みやすい味わいにリニューアルされた。

 

そして! 同時期に発売となった新商品が、こちらの『鍛高譚R ドライスパークリング』(350ml缶・希望小売価格 税抜160円・2017年9月26日発売)。「鍛高譚R」のおいしさを受け継ぎながら、アルコール分4%のスパークリングという初心者にも飲みやすいお酒だ。しかもプリン体ゼロ、着色料ゼロ、香料ゼロ、人工甘味料ゼロ、というのが嬉しい。

『鍛高譚R ドライスパークリング』は、天然の赤シソの香りとすっきりした飲み口が特長。美しいルビー色にキラキラと光る気泡という女子力満載の見た目とは裏腹に、甘くないスッキリとした爽やかさで、食事やおつまみ、スナック菓子などと相性抜群!

グラスに注いで輪切りのレモンやオレンジなどを挿せば、あっという間にパーティ仕様の超フォトジェニックなスパークリングへ変身する。

 

また、ストロベリーやブルーベリーを入れて、女子が喜びそうなお酒に仕上げることもできる。

インスタグラムやフェイスブック、TwitterなどSNS映えすることまちがいなしのスパークリングなので、この秋冬のイベントにおすすめ!

2017年9月26日発売『鍛高譚R ドライスパークリング』は、全国のスーパーやコンビニエンスストア、各種量販店などで幅広く発売。350ml缶サイズで参考価格は税抜160円。

 

輝くルビー色の大人のお酒は、気分を上げてくれるはず。楽しいひとときを、あなたもSNSに投稿しよう!

 

関連記事リンク(外部サイト)

”新感覚”な「鍛高譚(たんたかたん)」! 『鍛高譚R/鍛高譚Rスパークリング』は飲むだけでなく、撮ってSNSにアップしたくなる! フォトジェニックぶりが際立つお酒が登場
北海道発の人気しそ焼酎『鍛高譚(たんたかたん)』が今年で発売25周年! ラベルデザインをリニューアル。‟激レア”シークレットラベルのボトルも登場。
『NIPPON PREMIUM 青森県産ふじりんごのチューハイ』新パッケージにPRキャラ「決め手くん」が登場!
『NIPPON PREMIUM~ニッポンプレミアム~山形県産佐藤錦使用 さくらんぼのチューハイ』が期間限定発売中「山寺」や「花笠まつり」と、ご当地キャラクターのイラストで山形県の魅力をアピール!
瀬戸内ブランド登録商品のチューハイ『NIPPON PREMIUM〜ニッポンプレミアム〜瀬戸内産レモンミックスのチューハイ』が新発売!春の訪れを感じる爽やかな味わい!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。