体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エアロスミス、スティーヴン・タイラーの治療のため中南米ツアーをキャンセル

エアロスミス、スティーヴン・タイラーの治療のため中南米ツアーをキャンセル

 2017年9月26日にエアロスミスのスティーヴン・タイラーが、突発的で未公表の健康問題のため、バンドの中南米ツアーのラスト4公演をキャンセルすることを自身の公式Twitterで発表した。“緊急の治療”の一環として長距離の移動やパフォーマンスを行うことを医師たちに禁止されたとのことだ。

 タイラーは声明で、「心配しないでほしい……命に関わるような状態ではないけれど、直ちに対処する必要があり、将来のパフォーマンスを持続させて維持するためにすぐに休息をとって治療しなければならない」と説明している。

 エアロスミスのツアーは、ブラジル、チリ、アルゼンチン、メキシコの4か国での公演がキャンセルされた。タイラーは、「また戻ってくると約束する……残念ながら健康は待ってくれないから、俺ですら俺たちの公演を避けてスケジュールを組むわけにいかないんだ」と綴っている。

◎スティーヴン・タイラーによる投稿
https://twitter.com/IamStevenT/status/912720838088167424

関連記事リンク(外部サイト)

エアロスミス、レコーディングしたばかりの新曲/ラテン・ブーム/近年の音楽業界を語る
エアロスミスのジョー・ペリー、最近のセットリスト/ニューALの可能性/約50年バンド活動を続けてきた意味について語る
エアロスミス、“フェアウェル・ツアー”を発表!? 「自分たちの年齢などを考慮すると、真面目に考えなければならない」と語るメンバーの胸中とは

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy