体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『9月27日はなんの日?』アヴリル・ラヴィーンの誕生日、シーン復帰もいよいよか

『9月27日はなんの日?』アヴリル・ラヴィーンの誕生日、シーン復帰もいよいよか

 9月27日はアヴリル・ラヴィーンの33歳の誕生日。

 アヴリル・ラヴィーンは1984年9月27日、カナダ・オンタリオ州生まれ。2002年にデビュー・アルバム『レット・ゴー』が世界中で爆発的ヒットを記録し、「コンプリケイテッド」「スケーター・ボーイ」などのヒット曲とともに大ブレイク。その後、初の全米ビルボードNo.1ソングとなった「ガールフレンド」(2007年)、「ワット・ザ・ヘル」(2011年)など、キャッチーな音楽とパンキッシュで個性的なキャラクターでティーンの人気を獲得した。順調なキャリアを歩んでいたアヴリルだったが、2014年にライム病を患い、約5か月にわたる寝たきり生活を送っていたことをのちに公表。以降は療養のために表舞台から遠ざかっていたが、今月8日に米カリフォルニア・ロサンゼルスのグリーク・シアターで行われたニッケルバックのライブに登場。元夫のチャド・クルーガーと「ロックスター」で共演を果たし、約3年前ぶりにステージ復帰を果たしている。

 現在は体調も良好とのことで、新たにBMGと契約し新作のレコーディングに励んでいる模様。リリースは年内予定となるが、新曲は闘病中に書かれたものがメインになるそう。2013年のセルフ・タイトル作『アヴリル・ラヴィーン』以来約4年ぶりとなる新作は、間違いなくチャートを賑わせてくれるだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

アヴリル・ラヴィーン、ネット上で最も危険なセレブに?
アヴリル・ラヴィーン、元夫ニッケルバックのチャドと共演で3年ぶりのステージ
アヴリルが「自分のルーツに戻る」新作を年内リリースへ、1stシングルは闘病中に書いた「最も正直で感動的な曲」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy