体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホの写真がワンランクアップ! 運動会や秋の行楽に持って行きたい撮影用ガジェット

秋のイベントシーズンが本格化を迎えるこれからの季節。子どもの運動会や、旅先で食べるおいしいグルメ、紅葉などの美しい絶景はぜひスマホで写真に残したいもの。しかし、いざ撮ろうと思うと手ブレをしてしまったりピントが合っておらず、写真で上手に感動を伝えられなかったという経験は、誰もが通る道ではないだろうか。今回はそんな悩みを解決し、スマホの写真をワンランクアップさせるガジェットをご紹介。

まるで一眼レフ!? 片手でスマートにバッチリ撮影「SNAP!7」

そもそもの話、スマホで撮影する際の最大の注意点は「手ぶれ」しないようにすること。薄くて軽いのがスマホの利点でもあるが、撮影にあたってはその利点が仇となる。シャッターボタンを押す操作でスマホが動いてしまいがちなのだ。

そんな悩みを解消してくれるのがコペックジャパンが販売する「SNAP!7(スナップセブン)」。

パッと見はおしゃれなiPhoneケースのように見えるが、まるで一眼レフカメラのように持ちやすいグリップのおかげで撮影ポジションが安定する。また、側面にあるシャッターボタンは押しやすく、片手でもブレずに撮影ができる。

もうひとつの魅力は、別売りの交換レンズを装着できること。広角や望遠レンズを装着することで、通常のiPhoneでは撮れないような写真を撮影することができる。スマホでも本格的な写真を撮影したい人におすすめだ。


※HDワイドアングルレンズで撮影

商品名SNAP!7
金額/6,750円(税込)から。レンズは別売り
対応機種/iPhone 6/6s・6 Plus/6s Plus、iPhone 7・7 Plus

ピンチイン・アウトの煩わしさから解放! 片手でらくらくズーム「Pictar One」

iPhoneのカメラで撮影をするとき、2本の指でピンチアウトするだけでズームできるのは便利な反面、煩わしいときがある。なぜなら片手で操作できないからだ。一般のデジタルカメラは片手でちゃちゃっとズーム→撮影することができ、その点においてアドバンテージがある。

そんな問題を解消してくれるのが、株式会社エム・エス・シーが販売するmiggo製のこちらのガジェット「Pictar One(ピクターワン)」だ。

こちらは、取り付けるだけでiPhoneを一眼レフのように操作できるように変えてくれるカメラグリップ。使い方は簡単で、アプリを立ち上げて装着するだけ。本体とスマホをBluetoothではなく本体が出す超音波でアプリを操作する仕組みで、ペアリングの手間もない。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy