体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ニュージーランド】映画ファンに大人気の「ホビット村」ツアー

DSC_0274
映画『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』で、ニュージーランドが一躍、世界的に有名になりました。このシリーズの全6作品すべて、ニュージーランド各地がロケ地となり、その数150以上といわれます。最も有名なのが、オークランドから車で片道2、3時間の場所にあるマタマタという場所の「Hobbiton(ホビット村)」です。映画の公開後もセットがそのまま残され、人気観光スポットになっています。
Hobbitonは個人所有の農園にあるので、なんらかのツアーに申し込まないと行くことができません。オークランドやハミルトンなどから発着するツアーは、日本語ガイド付きも含めてたくさんあります。最も安いのは、ニュージーランド最大のバス会社「Intercity」のツアー。また、自分で車を運転してマタマタのアイサイト(観光案内所)まで行き、そこから出発するシャトルバスに乗って行く手もあります。いずれにせよ、インターネットでの事前予約がおすすめ。
ツアーごとにガイド1名がついていて、ホビット村を案内してくれます。単独行動は一切不可で、見学時間も決められています。それでも、Hobbitonそのものがあの映画の世界そのままなので、ファンにはたまりません。リピーターもたくさんいると聞いても納得。行動が制限されますが、写真も撮り放題です。ガイドに頼めば写真も撮ってくれます。
魔法使いガンダルフが馬車に乗ってやってきた橋、ビルボとフロドの家、サムの家、ビルボの誕生日を祝った広場、そして居酒屋「グリーンドラゴン」もあります。グリーンドラゴンではドリンク1杯がツアー代金に含まれています。通常のツアーとは別に、夜に訪れてディナーを、映画のホビットやドワーフたちのように楽しむスペシャルツアーも行われています。
DSC_0215
DSC_0286
DSC_0204
HOBBITON MOVIE SEThttp://www.hobbitontours.com/
(Written by Alice)

【Nicheee![ニッチー!]編集部のイチオシ】

【ニュージーランド】日本のメニューにないマクドナルドの「ミートパイ」がおいしい
ニュージーランドは「スタバ」が少ない!でもそこには懐かしのアレが…
ニュージーランド航空の「機内安全ビデオ」最新作 今回は「空想の冒険旅行」

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy