体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニラをそのまま冷蔵庫に保存はNG!長持ちする保存方法は?

ニラをそのまま冷蔵庫に保存はNG!長持ちする保存方法は?

炒めものやスープなど、中華料理を中心に活躍するニラ。強い香りが食欲を促し、ニラをふんだんに使ったレバニラやギョウザは、ご飯が進むおかずです。新鮮なうちに食べきるに越したことはありませんが、使いきれなかったとき、冷蔵庫にそのまま入れっぱなしにしていませんか?冷蔵・冷凍保存のコツを覚えて、ニラをもっと手軽においしく食べきりましょう。そこで今回は、新鮮なニラの選び方と長持ちさせる保存方法を紹介します。

根元を持つとピンと伸びているニラが新鮮

根元を持つとピンと伸びているニラが新鮮

旬は3~4月ですが、ハウス栽培が盛んなため、通年で入手が可能です。根元を持ったときに、葉先までまっすぐ立つほどハリのあるものが新鮮。葉が黄色く変色しているものやしなびているもの、乾燥しているものは避けましょう。

新鮮なニラの選び方

根元を持ったときに葉先までピンと立ち、ハリがある。

葉が濃い緑色でツヤがあり、幅が広くて厚みがある。

茎が太すぎず、切り口が乾いていない。

香りが強い。

すぐに使う場合は野菜室で保存

すぐに使う場合は野菜室で保存

束ねているテープを外します。乾燥や水気に弱くしおれやすいため、キッチンペーパーで巻いてからラップで包み、冷蔵庫の野菜室に立てて保存してください。葉が折れたり、きつく巻きすぎたりすると葉が傷み、においの成分アリシンが発生するため注意しましょう。

余った場合は、水に浸して保存

余った場合は、水に浸して保存

一度の調理で使いきれなかった場合は、使いやすくカットし、水に浸して冷蔵保存すれば、約10日間もちます。
上の写真は、この方法で保存したニラと買ったままの状態で冷蔵保存したニラの1週間後を比べたもの。そのまま保存したニラは、葉先を中心にしなびてしまい、傷みも出てきています。一方、水に浸したものは、みずみずしさが保たれています。

ニラの冷蔵保存のコツ

ニラの冷蔵保存のコツ

ニラを3~4cmの長さに切り、保存容器に入れる。

かぶるくらいの水を注ぎ、ふたをして冷蔵庫の野菜室に保存する。

水は3日おきに取り替える。

大量に手に入った場合は、カットして冷凍保存

新鮮なニラが多く手に入ったら、冷凍保存がおすすめです。使いやすくカットして冷凍すれば、そのまま調理することができます。保存の目安は、約1カ月。

ニラの冷凍保存のコツ

ニラの冷凍保存のコツ

ニラを使いやすい長さに切る。ざく切りやみじん切りなど切り方はお好みで。

冷凍用保存袋に全体をならして入れ、冷凍庫に寝かせた状態で入れる。

パラパラになるほど凍ったら、袋を立てて冷凍庫で保存する。

ニラはできるだけ新鮮なものを購入し、早めに使い切るのが基本です。しかし、使いきれなかったり、ニラが多く手に入ったりしたときは、新鮮さを損なわないように正しく保存し、最後までおいしく食べきりましょう。

最終更新:2017.12.27

文:窪和子
写真:小林友美
監修:カゴメ
参考文献:
『ひと目でわかる! 食品保存事典』島本美由紀著(講談社)
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
『改訂9版 野菜と果物の品目ガイド』(農経新聞社)
『[カラー版] 世界食材事典』(柴田書店)
『食品図鑑』(女子栄養大学出版部)

VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。