体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【メシのはてな】コーヒーの専門家に聞く、誰が最初にコーヒーを飲もうと思ったの?

f:id:Meshi2_Writer:20170830121216j:plain

三大欲求のひとつである「食欲」。栄養を補給するため、おいしいものを食べるため、空腹を満たすため。食事をする理由は人によってさまざまですが、朝昼晩と口にしている食べものに、疑問を持ったことはありませんか?

本連載「メシのはてな」は、普段当たり前のように食べている“飯”に隠された文化や歴史、よりおいしく楽しむための作法を識者に教えてもらう企画。

今回は多くの日本人に愛されている「コーヒー」に関する疑問を解決します。

f:id:Meshi2_Writer:20170830121407j:plain

フリー素材モデルの大川竜弥です。

「趣味はトレーニング」と公言している私が、プロテインの次に摂取量の多い飲み物。それは、「コーヒー」です。

まずは、起床後に目覚めの一杯。そして、集中力アップと脂肪燃焼効果を狙い、トレーニングの30分前に一杯。その他、作業中やちょっとしたブレイクタイムに一杯と、気がつけばいっぱい飲んでいる始末。

カフェインの取りすぎは体に良くないとわかっていながらも、ついついコーヒーを飲んでしまいます。

今や日常に欠かせないコーヒーですが、初めにコーヒーを飲んだときは独特の苦味やクセがあり、おいしいと思えるまでは時間がかかったものです。

そんな独特な苦味があるコーヒーは、一体誰が最初に飲んだのでしょうか? うーん、ふと疑問に思うと気になって仕方がありません。

誰か、詳しい人に聞いてみたい……。

f:id:Meshi2_Writer:20170830121503j:plain その疑問、私が解決しましょう! あ、あなたは……? 東京スカイツリーのお膝元、墨田区業平で直火焙煎珈琲店「しげの珈琲工房」を営む峯岸繁和(みねぎししげかず)です。 完璧な自己紹介ありがとうございます。失礼ですが、峯岸さんのコーヒー歴は?
1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。