体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

造作家具・収納っていくらかかる? どこに頼めばいい? 気になる費用とオーダーのコツ

造作家具・収納っていくらかかる? どこに頼めばいい? 気になる費用とオーダーのコツ

見た目はすっきり、収納力はばっちり。そんなオーダーメイドの造り付け収納(造作家具)に憧れる人は多いもの。けれども、依頼の仕方や相場がいまいち分からない……。新築時のオーダーのポイントを、大工歴45年の棟梁(とうりょう)であり、自らが施工者でもある、有限会社クボタ住建 代表取締役の久保田一雄さんと、整理収納アドバイザーの資格をもつ、妻の美佐子さんにお聞きしました。

オーダー前に知っておきたい! 造作家具のメリット・デメリット

12年前に自ら設計、施工したという久保田邸は、無垢(むく)材をふんだんに使った「木の家」。造り付け収納やロフトなど、クボタ住建が得意とする“大工による造作”が数多く採用されています。そんな久保田さんが考える造作家具の一番の魅力は、「適材適所に無駄なく収納スペースを設けられるところ」。

「家の間取りや家族構成、ライフスタイル、持っているものなどは人それぞれ違います。その個性を既成の『置き家具』に合わせるのではなく、住み手に合わせてミリ単位でオーダーメイドできるのが、『造作家具』です」(久保田一雄さん。以下、久保田さん)【画像1】クボタ住建で最も人気の高い造作家具は、キッチンの背面収納。収めるものに合わせて棚板の間隔を変えられる「可動棚」が便利(写真提供/クボタ住建)

【画像1】クボタ住建で最も人気の高い造作家具は、キッチンの背面収納。収めるものに合わせて棚板の間隔を変えられる「可動棚」が便利(写真提供/クボタ住建)

建物と一体化した造作家具は、家具と壁や天井の間に隙間ができないので、空間をフル活用できるというメリットもあります。

「幅や奥行きはわずかでも、天井までの棚を造作すると、その収納効率は抜群です。壁に固定するため、背の高い家具でも地震で倒れないという安心感もあります。家具の隙間がないと、ホコリや汚れがたまりづらいので、掃除がラクなのも魅力ですよ(笑)」(久保田美佐子さん。以下、美佐子さん)【画像2】収納スペースの容量を重視した部屋型の納戸やパントリーより、収めたもの全体が見渡せる壁面収納のほうが扱いやすいこともあるようです(写真提供/クボタ住建)

【画像2】収納スペースの容量を重視した部屋型の納戸やパントリーより、収めたもの全体が見渡せる壁面収納の方が扱いやすいこともあるようです(写真提供/クボタ住建)

ただし、造作家具にもデメリットはあるのだとか。

「建物に固定した造作家具は動かせないので、ライフステージの変化や子どもの成長に応じて部屋の使い方や間取りを変える予定のある人は注意が必要です。そういう場合は、壁に固定しないタイプの造作家具を検討してもいいかもしれません」(久保田さん)

「収納スペースは多ければ多いほどよいと考えがちですが、つくりすぎると家具配置や生活動線の邪魔になります。間取図を見るときは、収納スペースを“面積”はなく“容量”で捉えるようにすると、つくりすぎを防げますよ」(美佐子さん)

「今」だけでなく、ライフステージの変化にも対応できるよう、適材適所に適量の造作を心がけることが大切なようです。【画像3】キッチンの造作家具では「ゴミ箱を置けるよう、棚の下を空けてほしい」という要望が多いのだとか(写真提供/クボタ住建)

【画像3】キッチンの造作家具では「ゴミ箱を置けるよう、棚の下を空けてほしい」という要望が多いのだとか(写真提供/クボタ住建)

どこに、いつ依頼すればいい? だいたいの予算感を知る方法は?

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。