体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デートで行きたい街ランキング2017の1位は「銀座」! 2位、3位は?

デートで行きたい街ランキング2017の1位は「銀座」! 2位、3位は?

SUUMOでは、毎年「住みたい街ランキング」を発表しているが、2017年度は「住みたい街」だけでなく、番外編として「デートで行きたい街」の調査も合わせて行った。一体どのような街がランクインしたのか。また、上位の街が「デートで行きたい街」として評価されたのはどのようなところなのだろうか。

2017年のデートで行きたい街ランキングの結果は

今年初めて調査を実施した「デートで行きたい街ランキング」。調査は、関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)在住の20代~40代の3996人に、「デートで行きたいと思う街」を、最大3つまで回答してもらい(各1点)、その合計得点数でランキングを作成した。

気になる2017年の結果は、1位が「銀座」、2位が僅差で「表参道」、3位が「恵比寿」と続く。一般的に華やかなイメージのある街が3つ並んだが、どのような点が「デートで行きたい」と評価されたのだろうか。今回は上位3つの街について、注目してみたい。【画像1】デートで行きたい街ランキングのトップ10 (出典/「SUUMO住みたい街ランキング2017 関東版 番外編 ~街のイメージ~」)

【画像1】デートで行きたい街ランキングのトップ10 (出典/「SUUMO住みたい街ランキング2017 関東版 番外編 ~街のイメージ~」)

デートで行きたい街ランキング1位の「銀座」。2017年は「GINZA SIX」のオープンが話題に

今回1位に輝いたのが「銀座」。ここ最近の銀座で特に話題となったのが、2017年4月20日に開業した商業施設「GINZA SIX」。日本初出店のお店も多く商業施設の数は200以上。魅力的なレストランも多く、さらにはアートまで展示され、オープン時に多くの人でにぎわったのがニュースとなった。さらに、今年の6月には、ロフトがフラッグシップストア「銀座ロフト」をオープン。また、これらの大型商業施設だけでなく、新しいカフェやレストランも次々とオープンしている。

このように新しいスポットやショップが日々増え、常に刺激的であるところが、今回銀座が「デートで行きたい」街1位に選ばれた要因の一つかもしれない。【画像2】「デートで行きたい街ランキング」1位は銀座(写真/PIXTA)

【画像2】「デートで行きたい街ランキング」1位は銀座(写真/PIXTA)

ちなみに、どこか大人の街のイメージがある街だが、この調査結果も年代別に分析すると、

・20代 2位

・30代 1位

・40代 1位

というように、20代からも2位と順位は決して低くないが、特に30代、40代からの人気が高いことが分かる。

僅差で2位となった「表参道」は20代からの人気が高い

2位は「表参道」。銀座が30代や40代からの人気が高く1位を獲得していたのに対して、表参道は20代の得票数で1位を獲得している。表参道ヒルズといった人気の大型商業施設があり、また、カフェやレストラン、ショップの新規オープンが多いというのは1位の銀座とも共通しているが、銀座との違いは特に「若者からの人気が高い」ところといえそうだ。実際に美しい表参道並木を歩けば、デートを楽しむ若者を多く見かけることも多い。

「食」という観点では、近年では行列のできるパンケーキやポップコーンのお店が人気。また、海外の人気店が表参道を日本進出の1号店に選ぶことも少なくなく、新しいものが好きなカップルからの支持は高そうだ。【画像3】20代からの人気が高い2位の表参道。冬のイルミネーションの時期は多くのカップルでにぎわう(写真/PIXTA)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。