体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

離れていても充電ができる!世界初の非接触型ワイヤレスチャージャー「Pi」に注目

ケーブルも不要、パッドに置く必要もなし。専用ケースに入れるだけで、本体から離れた場所でも充電ができる、「Pi」が登場。世界初の非接触型ワイヤレスチャージャーとして、ITメディアから注目を集めている。

・どの角度に置いても充電できる!

「Pi」には、Qiで使用されているものと同じ電磁誘導技術が採用されている。特許取得済みの特殊な電源プラットフォームにより、磁場の角度がデバイスの角度に完全に一致するよう設計。つまり、どの角度に置いても失敗せずに充電できるというわけだ。

フルスピードの充電は、最大4台まで。速さを求めなければ、さらに多くのデバイス充電にも対応する。

・iPhone 8以降なら置くだけで充電可能

使い方は、簡単だ。互換の充電ケースにプラグを差し込んで、円錐型のベースステーションの足元に置くだけでいい。ちなみに、iPhone 8以降の端末であれば、ケースすらいらない。本体の範囲内(検証結果では本体から約30センチメートルの距離)に入るだけで、充電できるようになっている。

最大出力は、1デバイスあたり10ワット。将来的には、ラップトップに対応できる高出力定格のコンポーネントに統合することで、もっと電力を上げていく予定だという。

約3年半の歳月をかけて開発された本品。価格については今のところ未定だが、200ドル(約2万2000円)以下になると予測されている。

Pi

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。