体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

評価の高いマツダ アテンザ。何かと話題の初代と現行型に挟まれた2代目モデルを再発掘せよ!

▲初代と現行に隠れてしまってはいるが、完成度は折り紙付きの2代目アテンザシリーズ

▲初代と現行に隠れてしまってはいるが、完成度は折り紙付きの2代目アテンザシリーズ

実はオイシイ2代目アテンザを忘れるな!

「これまでは夫婦2人でコンパクトカーに乗ってきたが、子供が生まれたので買い替えたい」……このようにお考えのご家族、いらっしゃるのではないでしょうか。

さらに、「できればお金はあまりかけたくないけど、でも質の高さは担保したい」。ちょっと贅沢な悩みかもしれませんが、誰もがこう思っているはず。特に子供が生まれたばかりとかでしたら、そこまで車に大金はかけられないでしょう。

そんな方にぜひオススメしたいのが、マツダ アテンザなのです。

マツダといえば、「走る歓び」を前面に押し出したブランドコンセプトで車好きのハートを射ぬきました。そのブランドフレーズ「Zoom-Zoom」が初めて採用されたのが、2002年にカペラの後継車種として登場したアテンザでした。この初代アテンザは、2008年までに世界中で132もの賞を受賞し、世界販売台数も132万台に上る大ヒット作となりました。

また2012年に登場した現行モデルは、スカイアクティブテクノロジーと魂動デザインを採用した新世代のマツダを代表するフラッグシップモデルへと成長。「2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー エモーショナル部門賞」を受賞し、国産車の同クラスとしては唯一クリーンディーゼルエンジンを設定するなど、唯一無二のキャラクターへと昇華しています。

と、初代も現行も高い評価を受けているアテンザ。ここでアレ? と思ったアナタ。そう、忘れてはいけないのが2代目アテンザの存在です。初代と現行の間に挟まれて目立たない存在となってしまってはいますが、車の完成度は折り紙付き。ボディサイズも現行モデルほど大きくないですし、マイナーゆえに意外なほどお手頃な価格で手に入れることができるというわけで、そろそろコンパクトカーからステップアップしたいと考えているファミリーにピッタリではないでしょうか?

そんなわけで今回は2代目アテンザのオススメモデルを探ってみたいと思います!

マツダ アテンザ(2代目 2008~2012年)

ファミリーにオススメなのは使い勝手の良いアテンザスポーツ

▲同時期に販売されていたRX-8にも似たスポーティな雰囲気のアテンザスポーツ

▲同時期に販売されていたRX-8にも似たスポーティな雰囲気のアテンザスポーツ

2008年に2代目へとバトンタッチを果たしたアテンザは、先代と同じくセダン、ハッチバックボディのスポーツ、ステーションワゴンの3種類のボディが用意されていました。搭載されたエンジンは2リッターと2.5リッターの直列4気筒エンジンで、基本はATとの組み合わせとなり、セダン以外の2.5リッターの一部グレードで6速MTが選べるといったシンプルな構成で、あとはグレードによって装備に若干の差が出るといったところ。

さて、そんなアテンザの中古車を狙うなら、ヤングファミリーにオススメしたいのが、使い勝手の良いハッチバックボディのアテンザスポーツ。走行距離6万キロ以下で検索すると、中心価格帯は70万~140万円と比較的狙いやすいと思われる価格帯です。

▲リアからの眺めはクーペっぽさもある流線形

▲リアからの眺めはクーペっぽさもある流線形

大きく開くハッチバックゲートを持つスポーツは、定員乗車時の荷室容量は510L(VDA方式)とワゴンの519Lと遜色ない数値を誇ります。また、リアシートを倒す場合は、ワゴンと同じく背もたれが倒れると同時に座面が沈み込みフラットなラゲージスペースとなる「カラクリフォールド」が採用されている(2WDのみ)ので、荷室をフル活用したいときも活躍してくれること間違いなしでしょう。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy