体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

泥染めにぐい呑みづくり!地元ブランドで大人の「ものづくり体験」11選【全国】

愛かな工房

「芸術の秋」を体感したいなら、観光と合わせて、その土地の伝統工芸・伝統産業を体験する「ものづくりの旅」がおすすめ!職人さんの貴重な技の一端を学び、自分で手掛けた作品は愛おしさも格別、素敵な思い出になるはずです。

そこで、大人もハマる「ものづくり」体験スポットを全国からご紹介。

錫のぐい呑みや水引のネックレス、西陣織のがま口など、11種の地元ブランドから気になる体験メニューに挑戦してみましょう!

記事配信:じゃらんニュース

1.高岡銅器【富山県高岡市】

400年伝わる鋳造技術を体験する、錫のぐい呑みづくり。

はんぶんこ約231度と比較的低温で溶けて液体になり、扱いやすいことから、体験では錫が使われるはんぶんこ鋳物専用の砂を、木枠内の原型にふるいかけていくはんぶんこ砂をかけ、手で押し固める作業を繰り返す。想像以上の体力勝負はんぶんこ溶けた錫はつややかで眩いはんぶんこぐい呑みを掘り出す瞬間は、思わず胸が高鳴る

ここで体験 はんぶんこ

錫のぐい呑みをつくる鋳造体験 1人/4320円

所要時間:約2時間

開催日:月・木~日曜(1・2月は月・金~日曜)

開催時間:10時、12時、14時、16時 受付人数:各回2~6人

作品の受取り:当日持ち帰り

予約の方法:前日17時までに電話またはHPにて要予約 https://hanbunko.org/

<体験の流れ>

1.木枠に原型を入れ、砂をつめる

2.原型を外し、砂型をつくる

3.溶かした錫を流し込み、冷やす

4.ぐい呑みを取り出す

5.表面を磨いて仕上げる

高岡の「モノづくり」をテーマにした複合施設。

砂を押し固めて鋳型を造る「生型鋳造法」を体験しながら、錫のぐい呑みを製作する。当日そのまま持ち帰れるので、晩酌が愉しみに。自宅でつくれる製作キット「うち伝 高岡鋳物缶」5万4000円も販売している。 はんぶんこ

TEL/0766-50-9070

住所/富山県高岡市小馬出町63

営業時間/11時~18時

定休日/火曜日・水曜日(1・2月は火曜日~木曜日)

アクセス/万葉線坂下町駅より徒歩3分

駐車場/北陸道小杉ICより25分

「はんぶんこ」の詳細はこちら

2.加賀水引【石川県金沢市】

芸術性の高い立体的な水引を雅なアクセサリーに仕上げる。

津田水引折型水引のアクセサリーは洋装にも和装にも品よく映える。選ぶ色によって印象も様々に津田水引折型約100色ある水引の中から好みの色を選べる津田水引折型水引の基本の結び方、あわじ結びを重ねて造形していく

ここで体験 津田水引折型

1 2 3 4 5 6 7次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy