体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名刺交換や会議に★ビジネスシーンで使えるマジック集【タネあかし付き】

f:id:kensukesuzuki:20170922102136j:plain

初対面の相手との微妙な距離感、会議の重たい空気など、ビジネスの現場でブレイクスルーしたいと思う瞬間は多々あります。そんなときにぜひ活用してほしいのが“マジック”です。

その場の空気を一変させられるとともに、自分をアピールする絶好の機会を得ることができます。そこで今回は、身の回りのあるものを使った簡単だけど効果絶大なマジックをご紹介します。

f:id:kensukesuzuki:20170922102349j:plain<マジックを教えてくれた人>

GO!(ごー)さん

20歳のときに単身渡米。マジシャンの聖地LA・マジックキャッスルで修行を積み、2010年にはUGMアジアマジックコンベンションにて日本人最高位に輝く。現在は銀座Bar Vを経営する傍、全国各地のマジックイベントに出演している。

f:id:kensukesuzuki:20170922102431j:plain

<マジックを教えてくれた人>

YOU(ゆー)さん

現在売り出し中の新鋭マジシャン。持ち前の明るさと愛嬌で⽼若男⼥問わず、ファンを増やしている。女性らしいかわいいマジックだけでなく、男顔負けのダイナミックなイリュージョンも得意。

スマホからスッ…!インパクト大な「名刺交換マジック」

まず教えてもらったのは、名刺を使ったマジック。

「どうも、はじめまして」と同時に、手にはスマートフォン。

よく見ると名刺の画像が映し出されています。

f:id:kensukesuzuki:20170922103136j:plain

次の瞬間、シュッとスマートフォンから名刺が!

f:id:kensukesuzuki:20170922103206j:plain

実はこれ、名刺の写真→真っ黒な画面のスライドに合わせて、スマホの背後に用意した実物の名刺を登場させているのです。

f:id:kensukesuzuki:20170922103242j:plain f:id:kensukesuzuki:20170922103252j:plain f:id:kensukesuzuki:20170922103303j:plain

シュッとスタイリッシュに取り出すのがコツ。ちなみに名刺は縦でも横でも使用可能です。では、手順をもう一度おさらい。

<用意するもの> 名刺 スマートフォン

<手順> 事前にスマートフォンで真っ黒な画面の写真と名刺の写真を撮っておく 名刺交換の際、スマートフォンの下に名刺を用意して持つ スマートフォンの画像をスライドすると同時に、隠していた名刺を取り出す

<成功のコツ>

使用するのは、標準のカメラアプリだけのマジックです。真っ黒の画面はスマートフォンをテーブルなど平らなところに置いて撮影すると簡単に手に入ります。続いて名刺の写真も撮影すると、スムースにマジックを実行できます。名刺を差し出す前に、画面上の名刺を拡大・縮小するなどして「これは、写真データですよ」ということを強調しておくと、取り出した時のインパクトがあがります。

会議のアイスブレイクにペンを消してみては!?

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。