体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

甘くてファンタジックな夢の世界を作り出す! スイーツアーティストとは? 

甘い物が好き、かわいい物が好き、手先を動かして何かを作ることが好き…。

 

そんな人にピッタリの“スイーツアーティスト”というお仕事があるって知ってる?

 

今回は、スイーツアーティストというジャンルを確立し、その道のプロとして活躍するKUNIKAさんに、詳しい仕事内容やこの仕事を始めたきっかけについて聞いてみることに!

 

展示や撮影に使うデザイン性の高いスイーツを作るのがスイーツアーティストのお仕事

甘くてファンタジックな夢の世界を作り出す! スイーツアーティストとは?

 

そもそも、スイーツアーティストってどんな仕事なんだろう? 「私のお仕事は、雑誌の撮影用小道具やデパートの展示などで使われるスイーツを製作したり、キャラクターやブランドとコラボレーションしてお菓子を製作することです。

 

撮影する雑誌の世界観や、ハロウィン、クリスマスなどのイベントに合わせてデザイン性のあるケーキやクッキーを作るのですが、私が始めた4年前は、まだこの仕事のジャンルに名前がありませんでした。

 

それで、何かわかりやすい言葉はないかな…と考えて、“スイーツアーティスト”という肩書きを付けることにしました」

スイーツアーティストは、KUNIKAさんが名付けたものだったんだ!

 

でも、新たな職業のジャンルを確立するなんて、かなり大変そう…。

 

どんなきっかけで、この仕事を始めることになったの?

 

やっぱりもともとお菓子作りが好きだったとか…?

 

中学時代の“職業体験”が夢をみつけるきっかけに!

甘くてファンタジックな夢の世界を作り出す! スイーツアーティストとは? 「昔は、特にお菓子作りに興味があったわけではありませんでした。

 

でも、中学1年生の時に学校の授業の一環で、たまたまケーキ屋さんに職業体験に行くことになり、そこで、イチゴのデコレーションケーキを初めて作ったら、とても楽しくて!

 

しかも、それを家に持って帰ったら母や祖母がとってもよろこんでくれたんです。

 

その時、『作っている自分も楽しくて、人にもよろこんでもらえるなんて、ケーキ屋さんってなんて幸せなお仕事なんだろう』と思ったんです。

 

それがきっかけで、『高校でもお菓子の勉強がしたい!』と思い、フード関係の科目も学べる単位制の高校に進学しました」

中学生で、すでに将来の仕事のことを考えて進路を決めていたなんてすごい…!

 

その後、高校で栄養学や製菓についての基礎を学び、卒業後は製菓の専門学校に進学したというKUNIKAさん。

 

在学中は、夏休みなどの長期休暇を利用して、ホテルの中にあるデザート類を専門に作る“ペストリー”という部門でインターンをしていたとか。

 

夢に向かって一直線の学生時代を過ごし、専門学校を卒業した後は有名ホテルのパティシエとして働くことに!

 

パティシエから“スイーツアーティスト”への転身

甘くてファンタジックな夢の世界を作り出す! スイーツアーティストとは? 「ずっと『ケーキ屋さんになりたい!』と思っていたので、パティシエとしてホテルに就職できたときはすごくうれしかったですね。

 

ただ、外資系の高級ホテルだったので、お客様の前にパティシエが立つことはありませんでした。

 

修業を始めて2年経ったころ、最初にケーキ屋さんを目指したきっかけでもある『誰かのよろこぶ顔が見たい』という思いを大切にしようと決め、別の道を探すことにしました」

1 2 3 4次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。