体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「大阪で一番おいしい」と豪語する「チング」の生めん焼そばを食べに行った【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20170805153020j:plain

焼きそばとは勝手知ったる仲

ちゃんとしたご飯はもう作りたくないけれど、とりあえずお腹を満たしたいって時ありませんか?

私なんかだと海外ドラマを一気見している時なんですが、そんな時に冷蔵庫をぼーっとあさって、3玉 100円ちょっとで買った焼きそばが残っていたらシメタという気分になります。

5分とかからず作れて手軽だし、ある程度のおいしさは見込めるしで、一時停止していた海外ドラマにもスムーズにまた没頭していけます。

あと屋台でも焼きそばを食べることが多いかもしれません。ソース味だし間違いないだろう、という消極的なチョイスではあるのですが。

焼きそばってそんな「手軽」で「まあおいしい」ものの代表というイメージですし、そんな人も多いのではないかなと思うわけです。

そんな折、某グルメレビューサイトにてこう宣言していたお店を見つけました。

「たぶん大阪で一番おいしい生めん焼そば。(笑)」

強気!!

「たぶん」と「(笑)」に店主のチャーミングさが表れてはいるものの、その内容はかなり強気です。

手軽でおいしいだけではない、「一番おいしい焼そば」なるものを味わってみたい……、そんな気持ちでこちらのお店「チング」に行ってきたのです。

f:id:mesitsu_lc:20170805153336j:plain

「チング」は、大阪市営地下鉄中央線「九条」駅、阪神電車「九条」駅から徒歩1分ほど。

さっそく「生めん焼そば」ののれんがドドンと飾られており、ハッとさせられます。

f:id:mesitsu_lc:20170805153601j:plain f:id:mesitsu_lc:20170805153615j:plain

各テーブルに鉄板がしつらえてあるパターンの店内。アツアツが食べられるのはとてもいいですね。

f:id:mesitsu_lc:20170805153637j:plain

「初めての方へのおすすめメニュー」。うれしい気遣いです。

f:id:mesitsu_lc:20170805153657j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。