体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スリリングな写真なのに世界一「安全」に撮れる場所

スリリングな写真なのに世界一「安全」に撮れる場所

「危険な写真を撮って注目を集めたい」と、一部の人は思うのだろう。事実、高い所や足場が悪い場所で撮影した人たちのアブナイ写真を、ネットで何度も見たことがある。

そもそも恐怖症の私はマネなど絶対しないけれど、危険を顧みず、命を落としてしまったケースもあると耳にしてからは、写真を見てただ「凄い」と思うことは余計になくなった。

が、そんな私でも訪れて写真を撮ってみたいと思う絶壁スポットがある。

「落ちる〜っ!」

DiMee Marieさん(@travelnursememe)がシェアした投稿 – 2017 3月 2 12:54午後 PST

Laércio Mouraさん(@laercio_moura_)がシェアした投稿 – 2017 9月 25 5:32午後 PDT

Fábio Corrêaさん(@fc.fabiocorrea)がシェアした投稿 – 2017 9月 23 3:18午後 PDT

ここは、リオデジャネイロ郊外にある人気スポット。写真の中の人たちは皆、必死の形相で崖にしがみついている。彼らに対して「また命を投げ出すような事をして…」という思いが過ぎったとしても大丈夫。なぜならコレ、全部演技だから。

写真にはうつっていないが、この突端の約1メートル下には地面があるのだ。だから、ポーズを決めたら、後はカメラの角度を決めるのみ。つまり、彼らは心置きなく“おバカ”なことをして楽しんでいるだけ。

話題となった
「崖っぷち写真」

スリリングな写真なのに世界一「安全」に撮れる場所スリリングな写真なのに世界一「安全」に撮れる場所 Luiz Fernando Candeiaさんと彼の婚約者もまた、崖からのぶら下がりにチャレンジした人たち。ただ、他の人と違う点は、彼らの写真はメディアに取り上げられて世界中に拡散したということ。理由は次の写真にある。スリリングな写真なのに世界一「安全」に撮れる場所スリリングな写真なのに世界一「安全」に撮れる場所

「こんな写真を撮っちゃった〜」と他の人が自慢げに投稿する中、Luizさんらは“舞台裏”を惜しげもなく公開。まさかこんなに野次馬がいる中で撮影をしているとは思わなくて、初めて見た時「えっ?」と口をついてしまった。

Guia Turistico Internacionalさん(@guiaturisticointernacional)がシェアした投稿 – 2017 9月 20 4:07午前 PDT

動画だと、人が集まっている様子がより伝わってくる。トリックを知ってからは「みんな演技がうまいな〜」なんて無駄に感心してしまう。ここなら、いつか行ってみたいな。Reference:@travelnursememe,@laercio_moura_,@fc.fabiocorrea,@guiaturisticointernacionalLicensed material used with permission by Valderes Sarnaglia,Luiz Fernando Candeia

関連記事リンク(外部サイト)

本当に仲良しなカップルは、SNSで「2人の写真」を見せびらかせたりしない
SNSのプロフィール写真の評判が、ことごとく悪いあなたへ。
脚色なしの「飾らない日常」を大切にしたカップルの記念写真

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。