体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

五輪種目ショートトラックスケートの見どころは?

五輪種目ショートトラックスケートの見どころは?
J-WAVEの番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「SPORTS DIGGER」。9月25日(月)のオンエアでは、この週末にワールドカップがスタートするショートトラックスピードスケートに注目! 長野、ソルトレイク、トリノと3大会連続でオリンピック日本代表として出場した勅使川原郁恵さんにお話を伺いました。

2人で1周400メートルのコースを“タイム”で競うスピードスケートに対し、ショートトラックスピードスケートは1周111.12メートルのコースを4人から5人で“順位”を競う競技。ゴールするまで誰が勝つかわからないので駆け引きが見どころで、頭を使いながら体も使い戦うのが魅力です。

日本は、かつてはメダルも獲得していましたが、最近は各国も力をつけてきて今はちょっと低迷中だそう。勅使川原さんはその中でも、女子リレーは昨年の世界選手権で銅メダルを獲っているので期待できると挙げました。また、高校生など若手選手が力をつけてきていて、韓国・平昌で開催される第23回冬季オリンピックでは、オリンピックという舞台で爆発的な力が出たら面白くなると、その活躍に期待を寄せていました。

今後のショートトラックスピードスケートのスケジュールですが、9月28日(木)からハンガリーのブタペストで開幕するワールドカップは、オリンピックに向けて重要な試合になり、オリンピックの予選の意味合いが強い大会になるとのこと。勅使川原さんは「すでにオリンピックは始まっているっていう感じです!」と話していました。

さらに日本のオリンピック代表選手は、12月16日(土)、17日(日)に名古屋で開催される全日本選手権で正式に決定します。多くの選手はここに照準をあわせて、仕上げてくることになりそうですね。ワールドカップも含め、選手たちはオリンピックまで気を抜く間がない日々が続くことになりそうです!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy