体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バスキアの展覧会を大歓迎♪非公式コラボしたバンクシーのストリートアートがフォトジェニック

@banksy/Instagram英・ロンドンのバービカン・センターは、ヨーロッパ最大の文化施設。

同センターには、コンサートホール・劇場・映画館・アートギャラリー・公共図書館に、レストランや大学の音楽部などがあります。

9月21日からバービカン・アートギャラリーで、アメリカのブルックリン生まれの画家、ジャン=ミシェル・バスキアの展覧会「Boom for Real(ブーム・フォー・リアル)」が開催。

そのバスキアの展覧会を祝って、非公式のコラボレーションをしているアーティストをご紹介いたします!

バンクシー氏の非公式なコラボ作品

突然、展覧会のオープニングの数日前、バービカン・センター付近に登場した2つのグラフィティ・アート。

Banksyさん(@banksy)がシェアした投稿 – 2017 9月 17 5:28午前 PDT

なんとロンドンを中心に活動する覆面芸術家のバンクシー氏の作品なのです。

Melanieさん(@melofficialstyle)がシェアした投稿 – 2017 9月 24 1:48午前 PDT

こちらの作品は、「ロンドン警視庁(the Metropolitan Police)に歓迎されているバスキアのポートレイト。新しいバスキアの展覧会のために(非公式な)コラボレーション」という彼のメッセージが、Instagramの画像に添えられています。

Banksyさん(@banksy)がシェアした投稿 – 2017 9月 17 5:11午前 PDT

1982年にバスキアによって描かれた「Boy and dog in a Johnnypump(ボーイ・アンド・ドック・イン・ア・ジョニーパンプ)」がモチーフになっているよう。

Jean-Michel Basquiat 👹さん(@jean_michel_basquiat)がシェアした投稿 – 2017 3月 31 6:09午後 PDT

バスキアが描いたような人物が、警察官たちにボディーチェックを受けている作品なのです!

そして、もう1つの作品には、王冠を象った観覧車に乗る人々が並んでいる姿が描かれています。

Banksyさん(@banksy)がシェアした投稿 – 2017 9月 17 5:10午前 PDT

バンクシー氏らしい風刺のきいた作品たちは、Instagramでも大人気♡

バスキアの作品が100点以上展示

イギリスでは最初となるバスキアの大規模な展覧会となる「ブーム・フォー・リアル」。

Barbican Centreさん(@barbicancentre)がシェアした投稿 – 2017 9月 22 4:30午前 PDT

1980年代のニューヨークのアートシーンの先駆的な存在となったバスキアの作品が、約100点以上展示されいるのだとか。

Barbican Centreさん(@barbicancentre)がシェアした投稿 – 2017 9月 22 4:26午前 PDT

2018年1月28日まで開催されているので、ロンドンに旅行する機会がある方はぜひチェックしてみて♪

Banksy
http://www.banksy.co.uk/

Basquiat 「Boom for Real」
https://www.barbican.org.uk/whats-on/2017/event/basquiat-boom-for-real

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。