体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Sweets Bar(スイーツバー)ティラミスなお酒』はまるで飲むケーキ!?

まるで飲むケーキのような味わいとして人気のお酒「Sweets Bar」シリーズに新たに『ティラミスなお酒』が仲間入り。甘いデザート酒としてカクテルとしてだけでなく、普段のスイーツにちょっとプラスしたりと色々な楽しみ方が出来る。

オエノングループの合同酒精株式会社(東京都中央区)より発売中の「Sweets Bar」シリーズ。『モンブランなお酒』『サヴァランなお酒』に続く第三弾は今回発売になった『ティラミスなお酒』(370円(税別)・175ml 9月12日発売)

関連記事:『Sweets Bar モンブランなお酒/サヴァランなお酒』女子のハートを撃ち抜く、まるで飲むケーキ!?』

芳醇なブランデーが香るティラミスの味わいが楽しめる、まるで“飲むティラミス”を思わせる甘いデザート酒(リキュール)となっている。

 

まずは、そのまま楽しんでみる

琥珀色をしたリキュール。

まずはそのままロックで頂いてみると、ブランデーの香りの中にティラミスの香りがふわっと漂う。ウォッカも使われていることで、単純に甘いというよりもキリっとした後味もある。味わいはティラミスそのものというよりも、ショコラのようなブランデーの風味が口の中に広がる感じで飲みやすい。華やかな甘さのあるブランデーを好む人にはもちろんこのままでもおススメ。

 

カクテルとして頂くのならやっぱりミルク割り!

カクテルとして楽しむのならば、断トツにおススメなのはやはりミルク割り。ティラミスなお酒とミルクの割合は1:2がおススメ。ミルクの甘味が加わり、口当たりもなめらか。カルーアミルクが好きな人であれば、間違いない美味しさだ。寝る前のホットミルクにこのお酒をプラスすれば優しい甘さが楽しめる。

苦味のあるコーヒーにも!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy