体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メーガン・マークルの元夫が英王室を描いたコメディを制作・・・

メーガン・マークルの元夫が英王室を描いたコメディを制作・・・

米ドラマ『SUITS/スーツ』に出演中の女優メーガン・マークルとハリー王子の交際は2016年の夏から続いているが、彼女は、プロデューサーのトレヴァー・エンゲルソンと2011〜2013年の間、婚姻関係にあった。結婚前に2004年から付き合っていたことを考えると彼らの関係は実に長いものだ。

マークルとハリー王子の交際は世界中に知れ渡っているが、マークルの元夫エンゲルソンはそれを最大限に利用しようと考えているようだ。エンタメ情報サイト『Deadline』によれば、シングルカメラ撮影のコメディ番組のパイロット版制作にFOXがOKを出し、その監督がエンゲルソンになるという。このタイトル未定のコメディの概要は次の通り。「離婚は大変。親権の共有はもっと大変な事だが、自分の元妻が英王子と結婚し、ロンドンの大衆メディアから浴びる容赦ないスポットライトを浴びながら英王室と親権を共有するのは別次元の事だ」。

どこかで聞いたような話だが、同コメディはフィクションと伝えられており、主演の2人はマークルとエンゲルソンに基づくものではないという。彼らに子供はいないからだ。しかし、2人に全く関係ない話になるわけはないだろう。

実際、『Deadline』によれば、このコメディのアイデアはエンゲルソンとプロデューサー仲間であるダン・ファラーが考案したものだという。ファラーは、エンゲルソンとマークルに子供がいて英王室と親権を争うことになったらどうなるか? というアイデアを着想。そして今回、FOXがその案を買ったというわけだ。

一方のマークルは、王子との関係を明らかにした後も引き続き、レイチェル・ゼイン役で『SUITS/スーツ』に出演するようだ。マークルは先日、『ヴァニティ・フェア』誌に次のように明かしている。「私たちは愛し合う幸せなカップルよ。2人の関係が明らかになる前の6ヶ月は静かにデートを重ねていた。仕事を続けながらね。ニュースになってから変わったのは私に対する人々の受け止め方よ。私自身は何も変わらない。以前と同じ自分よ。お付き合いする相手によって自身のあり方を変えたりはしないわ」。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ドウェイン・ジョンソンが活躍する、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』最新予告編が公開!
レオナルド・ディカプリオは、『アメリカン・サイコ』に出演するはずだった!
ネット民騒然!カナダのトルドー首相がチューバッカ柄の靴下を着用
ジェニファー・ローレンス、『ゴシップガール』セリーナ役のオーディションを受けていた事が明らかに
リンダ・ハミルトンが『ターミネーター』シリーズ最新作に出演!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。