体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私自身がすごく「東京の女の子」なんだと思うんですよね。Junko Suzukiの原動力

行動を起こす源──。それが原動力。

世間からは「なんで?」と思われることでも、本人に聞くときちんと理由がある。そんな個人の「原動力」に迫ります。

「生まれたのはもともと御茶ノ水。それから1〜5歳まで代々木上原に住んでた。そして神保町に越してきて、大学までずっと水道橋や秋葉原付近が地元でした。母方の実家が本屋で、親族は古美術書店で本屋一族なの。ちょっと商人気質かも」

──Junkoさんって華やかなイメージだから、取材場所に神保町をあげてくれたときはすごく意外だった。

「そう、本当は神保町とか秋葉原のほうが落ち着くんですよね。みんなからすると観光スポットかもしれないけど、私にとってはすごく慣れ親しんだ場所」

20170926_gendoryoku02.jpg

──親戚が本屋をしていたそうだけど、Junkoさんは本好き?

「うーん、そんなに好きじゃない(笑)。本屋の孫なのに。まあ、それでもほかの人よりは本を買ってもらいやすい環境だったし、読んでるほうだと思うんですけど。小説家やエッセイストの友だちからは、本屋の孫っていう環境をすごく羨ましがられますね。本屋で働いてたおばあちゃんをお母さんと迎えに行って、よく閉店後の暗い本屋でこっそり読んだりしてました」

──閉店後の本屋なんてなかなか行けないから楽しそう!

「うん、すごく楽しかった」

──おばあちゃん子だったの?

「母よりは、おばあちゃんとおじいちゃんのほうが一緒にいる時間は多かったかな。朝早起きしたときに、両親はまだ寝てたんだけど、おじいちゃんとおばあちゃんはすでに起きてたからよくお話してた。おばあちゃんが新潟出身で、干し芋とかを焼く習慣があったの。それを焼いてもらうのがすごい好きだった」

20170926_gendoryoku03.jpg20170926_gendoryoku04.jpg

──いいね。

「私、外見からだと華やかっぽいイメージを持たれることが多いけど、どっちかっていうと地味なんですよね。大学も芸大だったから、まず真面目じゃないと入れないし。大学時代、青山も原宿もほとんど行ったことがなかった」

──なるほど。Junkoさんって、いま肩書きでいうと?

「一応『アーティスト』って言ってます。でも、仕事をいただく種類の幅が広いので、めんどくさくて『アーティスト』って言っちゃってる部分もあるんですよね(笑)。ライターみたいなことをしているときもあるし。でも、自分的には作るほうを優先させたいと思ってて、どんな仕事でもイマジネーションが沸くときだけやるって決めてます」

──いまは何を作ってるの?

「作品を作るのはお休みしてて、いまは売れる商品、読者の手に届けられるモノを作りたいなって思っています。生産しやすくて、一般的に取引しやすい商品。あんまりそういうものを個人では作ってこなかったから、まずは実験的に始めてみて、様子を見ようと思って。爆発的に売れたいってよりは、長く運営できるものがあってもいいかな」

20170926_gendoryoku07.jpg

──可能であれば、いまの構想を聞いてもいいかな?

「いま考えてる限りだと、ファッションというよりは、ライフスタイルに寄った商品を展開したい。最近、今治タオルの工場の方々と知り合って、一緒にものづくりをしていきたいなって思ってます」

──今治タオルは有名だよね。きっかけは?

「ニューヨークの学校に通っていた友人が日本に帰ってきてて、私の誕生日にお祝いしてくれたんです。で、話してたら、その子が『来月今治タオルの工場行くんだ』って。『え、めっちゃ楽しそう。私も行きたい』ってノリで言ったら、『いいよー』って言ってくれた。それで、実際に行って、何日間か工場のご家族と一緒に過ごしたの。綿花の畑から染色や織機も案内してくれて、ご飯まで作ってもらって」

──うん。

「私が『なんか一緒にものづくりやってみたいなー』って呟いたら、先方もちょうど新しいことやりたかったみたいで、いいじゃん! ってなったの」

20170926_gendoryoku08.jpg

──そういうところから新しいものが生まれるんだね。

「そうそう。私も勉強しつつ、ちょっとずつやっていけたらいいなって思ってる」

──Junkoさんは自分のサイト「KAWAIILABO TOKYO」も運営してるけど、立ち上げたきっかけは?

「んー、どこから話そうかな(笑)。えっと、大学のとき、課題で架空のファッションブランドや布をテーマにした作品をいくつか作ってたことがあったんです。別に『服を作る』っていう課題じゃなかったんだけど、私は好きで勝手に服まで作ってて。ロゴデザインとかパンフレットがテーマだったりしたんだけど」

1 2 3次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。