体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誰とでも仲良くできるよ!とても優しいお利口さん、カウ君!!

保護猫カフェもりねこ・今月の推しニャンは、カウ君です。

カウ君は現在もりねこのシェルターに入居中の男の子。個人の方が保護した、現在推定2歳くらいの大柄な猫ちゃんです。

2015年の年の瀬の寒い日に、保護主さんはある動物病院の近くでカウ君を見つけたそうです。その日は12月29日。保健所も年末で閉まっていました。困り果てた保護主さんは、衰弱していたカウ君を暖かいおうちに連れて帰ることに。当時は左眼がグジュグジュ、鼻水も出て風邪気味だったカウ君。優しくお世話をしてもらい、元気を取り戻すことができました。

しかし、保護主さんのおうちには先住猫ちゃんがいて、どうしてもカウ君とうまく同居していくことができませんでした。もりねこへご相談いただきましたが、血液検査の結果、カウ君はFIV(猫エイズ)キャリア。当時同じビル内に準備中だったハンディ猫のためのシェルター「タイコウクロノーブキャットシェルター(通称 もりねこプラス)」の開設を待って、2017年3月に入居となりました。

もりねこに入居した当時のカウ君

カウ君は身体は大きいのですが、穏やかでとても優しい男の子。同じお部屋の女子猫ちゃんたちの後を追いかけては、くっついて遊びます。人間も大好き!スタッフが抱っこしようとすると、クルっと向きを変えて、「ぎゅーしてよー!」とよじ登って甘えます。ベルベットを思わせるような黒くてフカフカの毛皮は、撫でていてとても癒されます。そして、時々来てくださる優しい保護主さんに会うのを楽しみに待っています。

他の猫ちゃんとも仲良し

カウ君はFIVキャリアですが、発症していません。ごはんもモリモリ食べて、とても元気です。猫エイズは人間には感染しませんが、猫同士の感染を防ぐために、先住猫がいらっしゃる場合はお部屋を分けていただくか、一匹飼いをお願いしています。発症せずに、天寿を全うできる猫もたくさんいます。

フカフカのカウ君

優しいカウ君を家族に迎えて、カウ君と共に静かな猫ライフを過ごしてみませんか?
ご理解のある優しい飼い主さんを募集しております。
動物病院に通院した際にも、「とてもお利口さん!」と、獣医さんからも褒めていただいている猫ちゃんですよ。

そんなカウ君に、どうぞ会いにいらしてくださいね。
スタッフ一同、お待ちしております。

もりねこについて

もりねこは、盛岡市の中心地にある保護猫カフェです。保健所などから保護された猫たちに新しいおうちを探すためのスペースとして、時間制の開放型猫カフェスタイルをとっています。ゆったりと入居猫たちと触れ合うことができ、猫たちがのびのびと遊ぶ姿を間近で見られるのが特長です。猫をお迎えしたい里親希望の方々も、じっくりと家族になる猫ちゃんを選ぶことができます。それぞれの事情でもりねこに来た猫たちが、新しいおうちに1日でも早く迎えられ、愛情をいっぱい受けて幸せになりますよう、スタッフ一同願いつつ日々活動しております。

▶︎もりねこのアーカイブ記事

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。