体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MISIA 映画『鋼の錬金術師』主題歌を書き下ろし! 兄弟の絆の物語から曲を錬成

MISIA 映画『鋼の錬金術師』主題歌を書き下ろし! 兄弟の絆の物語から曲を錬成

 2017年12月1日に全国ロードショーとなる映画『鋼の錬金術師』の主題歌として、MISIAが新曲「君のそばにいるよ」を書き下ろした。

 映画『鋼の錬金術師』では、“鋼の錬金術師”ことエドワード・エルリック役をHey! Say! JUMPの山田涼介、ウィンリィ役に本田翼、マスタング大佐役にディーン・フジオカ、“ホムンクルス(人造人間)”ラスト役に松雪泰子など、オールスターキャストが集結した。10月25日より開催されるアジア最大級の映画の祭典【第30回東京国際映画祭】のオープニング上映作品として、世界で初めて公式上映が決定。同映画祭のオープニング作品として邦画が上映されるのは10年ぶりで、日本のコミック原作の映画上映は史上初となる。

 主題歌を担当するMISIAは、以前から原作コミック『鋼の錬金術師』の大ファンだったといい、実写映画化にあたって、本作の世界観、エドとアルの二人の兄弟の絆の物語から曲を錬成(インスパイア)、映画のために新曲を書き下した。

 なお、MISIAはこれまで『ウルトラ銀河伝説』『機動戦士ガンダム』など様々な作品の主題歌を担当しているが、デビュー20周年を目前に、40枚目となる記念すべきシングルとして、本作の主題歌を11月29日にリリース。同日にはLIVE Blu-ray&DVD『MISIA SOUL JAZZ SESSION』もリリースされる。

◎MISIA-コメント
もともと好きな作品でしたので、お話をいただいた時は驚き、嬉しかったです! 主演の山田涼介さん演じるエドワードとアルフォンスの兄弟から感じとった歌詞に、果てしない希望を感じるメロディーとアレンジ楽曲、そして私の歌、それらを錬金して完成したものが、映画主題歌「君のそばにいるよ」です。

◎曽利文彦監督-コメント
ハガレンの世界観を見事に表現した主題歌と映画との一体感に気持ちが高揚します。MISIAさんも原作の大ファンだとお聞きして、この共振が本物であることを確信しました。

◎リリース情報
シングル『君のそばにいるよ』
2017/11/29 RELEASE
<通常盤(CD)>BVCL-854 / 1200円(tax out.)
※初回生産分にはオリジナル特典あり

LIVE Blu-ray&DVD『MISIA SOUL JAZZ SESSION』
2017/11/29 RELEASE
<通常盤(Blu-ray)>BVXL-68 / 4500円(tax out.)
<通常盤(DVD)>BVBL-137 / 4000円(tax out.)
※初回生産分には「20th Anniversary THE SUPER TOUR OF MISIA -Girls just wanna have fun-」
先行チケット予約シリアルナンバー封入
※Blu-ray特典:「来るぞスリリング」MUSIC VIDEO収録

◎公開情報
映画『鋼の錬金術師』
2017年12月1日(金)全国ロードショー
監督:曽利文彦
原作:荒川弘『鋼の錬金術師』(『ガンガンコミックス』スクウェア・エニックス刊)
出演:山田涼介 本田 翼 ディーン・フジオカ 蓮佛美沙子 本郷奏多 / 國村 隼 石丸謙二郎 原田夏希 内山信二 夏菜 大泉 洋(特別出演) 佐藤隆太 / 小日向文世 / 松雪泰子
エグゼクティブ・プロデューサー:濱名一哉
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX(C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

『鋼の錬金術師』の実写映画化決定! 山田涼介/本田翼/ディーン・フジオカ/松雪泰子ら超豪華キャスト集結
MISIA×福田こうへいが初対談『星空のラジオ』でセッション披露も
MISIA マーカス・ミラーとの新曲が『信長の野望・大志』テーマ曲に決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy