体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冷凍食品で栄養バランスはよくできる?『栄養と料理』編集委員に聞いた【忙しい人必見】

f:id:Meshi2_Writer:20170731105305j:plain

料理したくても、時間がない。

食事にあまり手間をかけられない。

そんな場合、どうしたら栄養バランスをよくできるか?

こんにちは、フードライターの白央です。

忙しい現代人に読んでもらいたいシリーズ第2弾、今回は「冷凍食品の活用」がテーマです。

「冷凍で栄養が取れるの?」と思う人も多いでしょうが、取れます。

味も品質も、昔より格段に進歩しています。保存できる期間も長いし、冷凍野菜などは下ごしらえが要らず、そのまま料理にプラスできるのもうれしいところ。

解説は、今回もこのかたにお願いしますよ。

f:id:Meshi2_Writer:20170731105848j:plain

監物南美

けんもつ なみ:『栄養と料理』(女子栄養大学出版部 刊)編集委員。「どうしたら栄養の情報をもっと面白く読んでもらえるか?」に取り組みつづけて早20年 。2017年春、『栄養と料理』編集長から編集委員に。監物(けんもつ)という名字を「堅物(かたぶつ)」とよく間違えられるのが悩みでもある。食生活ジャーナリストの会幹事。

f:id:Meshi2_Writer:20170731132300p:plain

【雑誌『栄養と料理』とは ?】

女子栄養大学が発刊する1935年創刊の月刊誌。栄養バランスを考えたレシピが毎号たっぷり掲載されている。プロの栄養士が愛読するのはもちろん、ビギナーでもわかりやすくがモットー。毎号、「食物繊維をアップ」「風邪をひかない!」などのテーマのほか、「お酒好きのための健康術」「夏までにきれいにやせる」など、『メシ通』の読者にもおすすめの特集が組まれている。

監物:みなさん、こんにちは。『栄養と料理』の編集委員をしております、ケンモツです。「野菜をたっぷり取りたくても、なかなかできない」というお悩みを、読者のかたから聞くことはよくあります。野菜が足りない、十分に取れていない……と感じていらっしゃるかた、少なくありませんね。

これ、冷凍野菜でプラスするの全然アリなんですよ。

冷凍野菜は収穫後、新鮮なうちに急冷されてマイナス18度以下で管理されます。風味や栄養価も損なわれにくく、また旬の時期に適切に冷凍されて管理されたものは、旬でない時期の生鮮野菜より栄養価が高いこともあるんです。

実際にどんなふうに加えればいいか、やってみましょう!

パスタに冷凍野菜をプラス

監物:冷食のパスタ、おいしいものが増えていますね。

食は楽しみの要素も大きいもの。好きなものを選んで、楽しく食べてほしいと思いますが、もし「こっちとこれと、どっちにしよう?」なんて迷うことがあったら、裏面の栄養成分表を見てほしいんです。ダイエットを気にする人はカロリー控えめのもの、さらには塩分量が少なめのものを選んではいかがですか。

減塩することで、高血圧や脳卒中の予防効果が期待できます。またカロリーに関しては、ざっくりですがトマト系や塩オイル系(ペペロンチーノなど)は控えめの傾向にあります。

f:id:Meshi2_Writer:20170803160350j:plain

※写真の冷凍パスタは、現在販売されているものと一部パッケージが異なります。

監物:今回は一例として、トマトソースのパスタを選んでみました。ここに、冷凍野菜をプラスしていきましょう。インゲンやブロッコリーなどが合わせやすいですが、よく売られている野菜ミックスが便利ですね。

f:id:Meshi2_Writer:20170731110242j:plain

監物:1食に対して、このぐらいの量をプラスしましょうか。

味つけは、もともとのパスタソースにからめるだけ。こうすることで、塩分や油分をプラスせず栄養だけを取れます。冷凍野菜が多すぎると、ソースが足りなくなって物足りなくなりますのでご注意を。

さあ白央さん、ここからはご自分でやってみてください。

── はい、がんばります。それぞれをチンして……

f:id:Meshi2_Writer:20170731110841j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。