体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最大3000W発電! ソーラーパネル搭載のキャンピングカー「e.home」なら電源の心配不要

ドイツのキャンピングカーメーカーDethleffs(デスレフ)はこのほど、ソーラーパネルを搭載したキャンピングカー「e.home」を発表した。

ソーラーパネルを搭載し、太陽光で電源を賄えるというもの。3000Wも発電でき、コンセントをたえず探したり、搭載バッテリーの残量を心配したりせずに長旅を楽しめそうだ。

・ソーラーラッピング!

ソーラーパネルに覆われている、と表現した方が近いかもしれない。e.homeはフロント部分以外はほぼパネルがついている。一番日光が当たる天井部分だけでなく、側面、そして後部も全てだ。

かなり広い面積で発電でき、最大3000W発電可能。電気はバッテリーパックに蓄電される。

・自然の中に長期滞在

e.home開発の背景には、バッテリー残量の心配をせずに、電源のとれない自然豊かな環境で長く過ごしたいというニーズがあるようだ。

確かに、電気設備が整備されているキャンプサイトではなく、自然しかないところで快適に滞在しようと思ったら日数に限界がある。そのハードルを、e.homeは取り払ってくれる。

クオリティでも定評のあるDethleffs製だけあって、内部はゆったりしていて、キッチン・バス・トイレといった設備も整い、居住性はよさそう。

今のところ発売日などは発表されていないが、キャンピングカーファンはまずはサイトをチェックしてみてはいかが。

e.home/Dethleffs

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。