体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気上昇中の自衛隊イベント「航空祭」が楽しい

人気上昇中の自衛隊イベント「航空祭」が楽しい

航空祭は今、最も熱い自衛隊のイベントです。来場者数が10万人を超えて大混雑することもあります。だからこそ航空機を見るだけではなく、エアーバンドを受信して航空祭をフルに楽しみたいところです。そこで、まだ航空祭に行ったことのないビギナーに、航空祭の楽しみ方を紹介しましょう。

航空祭でブルーインパルスが飛行

3.11東日本大震災の自衛隊の身的な活動を機に、自衛隊主催のイベントが人気です。基地を開放して行われる装備品の展示に始まり、音楽隊によるコンサートや駐屯地の夏祭りなど、入場無料のイベントが全国各地で行われています。

中でも万単位の人が訪れるのが航空祭です。これは陸上・海上・航空の3自衛隊の各航空基地を、年に1回一般公開するもの。目の前を軍用機が低空飛行するという、普段は見ることが無い非日常的な光景が展開され、航空祭によっては航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の華麗な飛行が見られます。

航空祭は一般の人にも分かりやすい内容でありながら、普段は聞くチャンスが少ないミリタリーエアーバンドが次から次へと受信できるので、受信マニアは目と耳の両方から楽しめるのです。

航空祭といえば航空自衛隊の基地

航空祭の内容は陸上・海上・航空の各自衛隊が装備する、航空機によって大きく変わります。陸上自衛隊は地上支援のヘリコプターが中心で、海上自衛隊は護衛艦搭載の哨戒ヘリや大型の哨戒機になります。

例えば陸上自衛隊の習志野駐屯地(千葉県)で開催される「降下訓練始め」では、多数の陸自ヘリが参加して地上支援を実施。海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県)の「エアメモリアルinかのや」では、哨戒機P-3Cによる機動飛行が見られます。

そして航空自衛隊は、戦闘機から大型輸送機、特殊任務機まで、ありとあらゆる航空機を有しています。それだけ、来場者に飛んでいる姿を見せる機種も多く、航空祭といえば、航空自衛隊の基地で開催されるイベントがメインになります。

関連記事リンク(外部サイト)

戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由
ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。