体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空き家をシェアハウスに!卒論がきっかけ、大学生が始めたリノベプロジェクト

卒論がきっかけ。大学生がはじめた空き家プロジェクト

全国的に空き家問題が取りざたされるなか、大学生という若者たちが中心となって空き家問題に取り組んでいるプロジェクトがある。関東学院大学(本部:横浜市金沢区)人間環境デザイン学科(現:人間共生部共生デザイン学科)の学生たちが、横須賀市追浜の谷戸地域にある空き家をリノベーションして活用する取り組みを2014年からスタートさせた。すでに3棟目の空き家改修が実施された。今回は准教授の兼子朋也さんと学生たちに話を聞いた。

ゼミの卒業研究がきっかけで空き家の実態調査からスタート

きっかけは、2014年に当時4年生だった学生たちが卒業検定に空き家問題を取り上げたことだ。大学が近接する横須賀市では、谷状の地形で階段道路などが多い「谷戸※」地域があり、空き家対策は特に大きな課題となっていた。

※「谷戸」とは、神奈川県や多摩地区で、丘陵地が長い時間をかけて浸食され形成された谷状の地形を指して用いられる言葉。横須賀市は南北に丘陵が連なり平地が少ない地形のため、明治初期に軍港が開かれると関係者の居住地として、これらの丘陵地が宅地に利用された。横須賀市では49地区を谷戸地域として指定している。

総務省が発表した2013年の「人口移動報告」(2014年1月)では、転出者が転入者を上回る「転出超過」で横須賀市が1772名と全国の市町村でワーストを記録。空き家対策特別措置法にもとづいて、全国初となる行政代執行による「特定空き家」の解体も行われているほどだ。

「関東学院大学の寮もあった追浜で『空き家を活用できないか』という学生のアイディアからスタートしました。寮は2年間しか住めないので、学生たちの居住先としてシェアハウスにできればと考えました」と兼子さん。「KUG空き家プロジェクト」は、追浜地域をくまなく歩きながら、空き家の現状を調査することからスタートした。【画像1】谷戸と呼ばれる地区にあるプロジェクト第1号の改装前(写真提供/KUG空き家プロジェクト)

【画像1】谷戸と呼ばれる地区にあるプロジェクト第1号の改装前(写真提供/KUG空き家プロジェクト)

1人の大家さんとの出会いが「びわの木テラス」を生む

「歩き回っているうちに、地元の人たちと仲良くなり、調査の中で出会った空き家の所有者の方と信頼関係を築き、借りることとができました。自分たちでリノベーションし、シェアハウスとして活用することになりました」と当時から学生たちを指導している兼子さん。

改修作業は、兼子さんたち教員が指導するとともに、地元の工務店である北村建築工房に作業指導として参加してもらうことにした。横須賀市からの助成金も決まり、2015年1月にはリノベーションのための解体工事が開始された。

「学生たちにとって、壊すこともいい体験になりました。どうやって建物が建てられたのか、知ることができますから」

現在同プロジェクトの代表である小池悠介さんは、当時1年生で参加していたそうだ。

「資材の搬入から、床を組んだり、珪藻土を塗ったりと、自分たちで作業したことはいい経験になりました」。築30年ほどの木造2階建ての空き家を、間取りを変更し、ウッドデッキも新たに設けた。造作家具も逗子にある相談家具屋の松永工務店に指導してもらい、自分たちで製作するなど専門家の指導を受けながら作業を進めていった。

2015年には関係者を招いて「お披露目会」を開き、すでに同大学で建築を学ぶ2年生3人が暮らしている。【画像2】ウッドデッキも設置。眺めのいいスペースができた「びわの木テラス」(写真提供/KUG空き家プロジェクト)

【画像2】ウッドデッキも設置。眺めのいいスペースができた「びわの木テラス」(写真提供/KUG空き家プロジェクト)

2棟目では増築にも挑戦した「おっぱまのま」

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。