体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たった15秒で「本物と偽物」を判断できる、らしい。

たった15秒で「本物と偽物」を判断できる、らしい。

正規店で購入すればいいのですが、それ以外でブランド品を手に入れた時、本物かどうか見分けられますか?普段、高価な物を持ち歩かない私の場合、まったく見分けがつかないのが正直なところです。

あなたももし同じような気持ちを抱いているとしたら、このデバイスに興味がわくかもしれません。

11の有名ブランドに対応

たった15秒で「本物と偽物」を判断できる、らしい。 ブランド品が本物かどうか、短時間で調べることができるという「entrupy」。専用のアプリさえダウンロードしてしまえば、あとはとても簡単です。たった15秒で「本物と偽物」を判断できる、らしい。

調べたいブランド品の表面にデバイスを置いて、アプリを起動。その後、さっとスキャン。すると、entruptyが読み取った画像を分析し、15〜20秒ほどで結果を知らせてくれるそう。たった15秒で「本物と偽物」を判断できる、らしい。

精度は、98%だとか。

entrupyが対応可能なブランドは、誰もが知るブランドばかり。例を挙げると、シャネル、ディオール、フェンディ、グッチなど。今後はもっと増えていくようですが、現在は全部で11種類です。また、メタル素材やレザーなど、様々な素材を分析することができるみたい。たった15秒で「本物と偽物」を判断できる、らしい。

何よりも気になるのは、どれほど正確なのかというところ。なんと精度は98%を超えるという。これを可能にしているのは、260倍もズームができるカメラだとか。

まあ、繰り返しになりますが、正規店で購入すれば2%のリスクも回避できるのですが…。Licensed material used with permission by Entrupy

関連記事リンク(外部サイト)

イタリアブランドが手がける、世界でたった一つの「オーガニック腕時計」とは?
男性が、実はカワイイと思っている「女性のファッション8種」
服役中の女性にチャンスを。デンマークブランドの新たな試み

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。