体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

街全体がアート作品に彩られる!全国アートイベント5選

クリスチャン・ヤンコフスキー《重量級の歴史》2013

涼やかな風が心地いい秋。芸術を楽しむシーズンがやってきました。

今回はギャラリーだけでなく、街全体でアートが楽しめる全国のアートイベントをご紹介!

展示方法も凝っていて、国内や海外の有名アーティストの作品を見ることができます。

街歩きしながら気軽にアートに触れることができるので、デートや友人とのお出かけに訪れてみましょう。

メイン写真:クリスチャン・ヤンコフスキー《重量級の歴史》2013

Photographer: Szymon Rogynski Courtesy: the artist, Lisson Gallery

六本木アートナイト2017【東京都港区】

六本木が華やかなアート作品に彩られる!

六本木アートナイト2017 メインビジュアル Photo by Mika Ninagawa六本木アートナイト2017 メインビジュアル Photo by Mika Ninagawa蜷川実花《Tokyo Followers 1》六本木ヒルズ アリーナイメージ蜷川実花《Tokyo Followers 1》六本木ヒルズ アリーナイメージフィリピン・アンゴノのアーティスト・ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブ(Neo Angono Artists’ Collective) Angono Higantes,Big and Small photo credit :photo walk Philippines/whatsnewph.comフィリピン・アンゴノのアーティスト・ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブ(Neo Angono Artists’ Collective) Angono Higantes,Big and Small

photo credit :photo walk Philippines/whatsnewph.com

六本木の街を彩る一夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト2017」が開催。多彩なアート作品で六本木の街全体がアート作品に埋め尽くされます。

今年は「未来ノマツリ」をテーマにメインアーティストには蜷川実花を起用。六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館に極彩色が美しい東洋と西洋のモチーフが混ざり合う万華鏡ような蜷川実花の世界観が展開されます。

さらに日本だけなく、海外で活躍するアーティストも集結。特に現代アートに沸く東南アジアの注目アーティストの作品などは必見です。 六本木アートナイト2017

開催日時 2017年9月30日(土)10時~10月1日(日)18時

開催場所/六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、

21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース

入場料/無料(ただし、一部のプログラム及び美術館企画は有料)

TEL/03-5777-8600(ハローダイヤル)

「六本木アートナイト2017」の詳細はこちら

1. ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」【神奈川県横浜市】

厳選された現代アートが横浜に集結

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」のイメージビジュアルヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」のイメージビジュアルクリスチャン・ヤンコフスキー《重量級の歴史》2013クリスチャン・ヤンコフスキー《重量級の歴史》2013 Photographer: Szymon Rogynski Courtesy: the artist, Lisson Galleryアイ・ウェイウェイ(艾未未) 《安全な通行》2016《Reframe》2016 撮影:加藤健 (c)Ai Weiwei Studioアイ・ウェイウェイ(艾未未)《安全な通行》2016《Reframe》2016 撮影:加藤健 (c)Ai Weiwei Studio
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。