体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超・厳選素材!黒毛和牛と極ウマソースのチーズバーガー

超・厳選素材!黒毛和牛と極ウマソースのチーズバーガー
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。この週は、ミンチ、挽き肉料理に詳しいミンチマンさんに、“チーズバーガーのとっておきの店”を紹介していただいています。

9月25日(月)のオンエアでは、恵比寿にある精肉卸会社ヤザワミートが展開する「ブラッカウズ」のチーズバーガーに注目しました! ミンチマンさんによると、チーズはマイルドなモントレージャックチーズを使用。通常、グルメバーガーに入るトマト、タマネギ、レタスは使用せず、その代わりに野菜の旨味を凝縮させたバーベキューソースが入っているそうです。

料理長にお話を伺ったところ、その日に一番良い状態の黒毛和牛を厳選して仕入れて使っているとか。「腕、脛、ネックなど、旨味の詰まった部位を中心に、その部位の持つポテンシャルを最大限に引き出す調理法がミンチだと思っています。そこに、サーロイン、フィレなどを入れて、牛一頭を丸々味わえる、こだわりの最高級パティを作っています」とのことでした。

もちろん、肉以外の食材も厳選したものを使用。チーズは、ミンチマンさんの紹介にもあった通り、黒毛和牛パティとの相性が最も良いと考えられるモントレージャックチーズを使用。バーベキューソースは、3日間かけて作る、トマトをベースに10種類以上の野菜の旨味をギュッと閉じ込めたオリジナルソースで、タルタルソースは、酸味とコクが全体の味に深みとパンチを効かせたソースです。バンズもフランスの伝統的な製法で作られたもので、肉と一緒に食べた時にパサつきがないものを使用しています。

料理長曰く「お客様の口の中で完成する料理という発想の元、このハンバーガーを作り上げました。口の中で一緒になった時に、味の黄金比が感じられると思います」とのこと。番組に届けれられたチーズバーガーを試食したサッシャは、「お肉の味が濃い! そこにトロけたチーズがマイルドにかかっています! 口の中で黄金比が完成しました!」と大絶賛していました(笑)。みなさんも、豪快にお召し上がりください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。