体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「お片付けしなさい!」から解放されたい…。兄弟で一緒に片付けさせる3つの作戦 by ぴよととなつき

子どもたちを叱るセリフランキングがあれば、必ず上位に入る「お片付けしなさい!」私もこのセリフを口にしない日はありません。

足の踏み場もないほど広がったおもちゃを、いろんな理由をつけて片付けようとしない息子たち…放っておいたら強盗にでも入られたかのような荒れっぷり( ̄◇ ̄;)

「おもちゃ片付けないと捨てるよ!!」という脅し文句も使いすぎてもはや効果はゼロ

結局次の用事までのタイムリミットが近づき、文句を言いながら私が片付けるというのが定番なのです。これではいけない… 前回エピソード:私は何をしているんだろう…。ドアを挟んで母子で大泣きした「ネントレ」で気づいたこと by ぴよととなつき

f:id:akasuguedi:20170919143521j:plain遊びの延長でのお片付けならば子どもたちも喜んで部屋を片付けてくれるのではないか…?

ということでまずは作戦その1

【競争】

長男と次男でどちらが早くお片付けできるか競わせます。私はBGMと実況中継係。

f:id:akasuguedi:20170919143554j:plainしかし、片付けるのは長男ばかり…。

次男がまったくヤル気ない!(おもちゃ箱ひっくり返すのはいつも次男なのに!)

2人で協力して片付けてもらおうと実行した作戦その2

【お腹を空かせたおもちゃばこ箱】

f:id:akasuguedi:20170919144210j:plain

これは2人とも喜んでおもちゃを集めてくれるのですが、急いでる時に私がおもちゃばこ箱の役をやってるのが時間の無駄!

2人が協力して、かつ短時間で部屋を片付けるための作戦その3

【お片付けミッション】

おもちゃを片付けなさいと何度言ってもできない。そこには「散らかった部屋をどうやって片付ければいいのか分からない」という理由があるのではないかと考え、子どもたちにどのおもちゃを片付けるかそれぞれに担当を決めました。(そしてそれ以外のおもちゃは私が猛スピードで片付ける。)

f:id:akasuguedi:20170919144255j:plainこれが1番短時間で部屋が片付き、子どもたちも分担された1種類のおもちゃを集めるだけなので自主的にやってくれます。

結局私が片付けているけれど、おもちゃで遊んだ当事者(息子たち)も片付けているのでイライラも多少軽減されました。

きれいな部屋をキープして、いつの日か子どもたちが自主的にお片付けできますように… 関連記事:「あれはどこ?」の探し物パニックにさよなら。家族にも収納場所がわかる片付け術

f:id:akasuguedi:20170228050233j:plain

著者:ぴよととなつき

年齢:華の30代♡

子どもの年齢:3才と1才

関西出身の母が、ツッコミどころ満載な息子たち(&夫)と過ごす毎日をインスタグラムに投稿しています。東京に引っ越してきたものの、外出先は公園と児童館なので都会にいる実感はない…。

書籍:『#ピヨトト家~うちのアホかわ男子たち~』(マガジンハウス社)』

instagram:@naxkiiii

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

300回くらい同じことを言い続けた甲斐がやっと…!「3歳過ぎたら理解する!」は本当だった! by チカ母
号泣! 逃亡!!…靴を履かせるのってこんなに難しいことなの!? イメージ向上作戦で“靴チャレンジ”大成功!  by ユキミ
投げるなぁ~

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy