体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

毎日見慣れているものでも、ほんの少し手を加えるだけで新鮮に感じることがある。

この「Modern Map Art Prints」が好例だ。Googleマップをベースとした、ちょっとしたモダンアートになっているので、自宅に飾るのもアリだろう。

3ステップで
オリジナルポスターの出来がり

ファーストステップとして、自分の住んでいる街や、今まで訪れたお気に入りの都市、あるいは憧れの国を選ぼう。「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。 セカンドステップは、カラーの選択だ。色のテーマは、ヴィンテージ・モダン・クラシックと3つに分けられていて、さらに多数のパターンに細分化されている。あなたの部屋やテイストにぴったりの色を見つけよう。「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

サードステップは、ポスターのサイズをチョイス。サイズは、12インチ(約30センチ)×18インチ(約45センチ)から、24インチ(約60センチ)×36インチ(約91センチ)までの5つの大きさからベストなものをセレクト。「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

ポップでカラフルな
ポスターたち

では、実際に3ステップで作ったポスターをチェックしてみよう。もはや、モダンアートそのものに見えてくるから不思議だ。

#1 東京

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

#2 ローマ

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

#3 バンコク

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

#4 ロンドン

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

#5 サンフランシスコ

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

#6 ヘルシンキ

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

#7 イスタンブール

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

#8 クアラルンプール

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

#9 エルサレム

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

#10 ストックホルム

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

#11 パリ

「Googleマップ」を部屋に飾るという発想。

「Modern Map Art Prints」は、クラウドファンディングの「Kick Starter」で資金調達をしたところ、目標額の337倍となる84,000ポンド(約338万円)もの金額を集めることに。ポスターの価格が、18ポンド(2,700円)からというリーズナブルさも注目が高くなった一因なのだろう。

現在、プロジェクトは終了しているので、次回のチャンスを心待ちに。Licensed material used with permission by Mini Cloud Studios

関連記事リンク(外部サイト)

Googleマップが重い時、サクサク見られるようになる裏ワザ
新しくなったGoogleロゴには、「魔法」がかかっている。
部屋に飾りたくなるモノトーンな「地図」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。