体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノエル・ギャラガー、ソロ3rdアルバムを11/22に日本先行リリース

ノエル・ギャラガー、ソロ3rdアルバムを11/22に日本先行リリース

 元オアシスのノエル・ギャラガーによるソロ・プロジェクト“ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ”が、3rdアルバム『Who Built The Moon?』を11月22日に日本先行リリースする。

 2015年の『Chasing Yesterday』以来約2年半ぶりとなる新作で、映画『オーシャンズ』シリーズ等のハリウッド映画のサントラでも知られるDJ/トラックメイカー、デビッド・ホルムスがプロデューサーを務めた。また、ジョニー・マー、ポール・ウェラーといった英ロック界を代表するミュージシャンの参加も明らかとなっている。

 本国レーベルのプレス・リリースによると、ベルファストとロンドンで制作された11曲は、「フレンチ・サイケデリック・ポップ、クラシック・エレクトロから、ソウル、ロック、ダンスまで、洗練されたアドベンチャー」がサウンドに凝縮されているという。ホルムスは、「(新作を聴いたら)人々は驚くことだろう。(過去の)ノエルの曲の多くはミッド・テンポだが、この作品はかなり面白いことになっている」と述べ、英音楽誌NMEは、「ノエル・ギャラガーにとって過去は決して異国さながらにはならないが、この地点から見る明日はすこぶる薔薇色である」とコメント。さらにノエル自身は、「俺はヤバイぐらい天才だ」と大きな自信を滲ませている。

 本作にはボーナス・トラックとしてアコースティックの1曲が収録されるが、日本盤CDにはさらにもう1曲追加され、計13曲が収録される。また、日本では独自企画となるDVD付きの初回限定デラックス盤も同時発売される予定。そして、iTunesではアルバムの予約注文が、YouTubeではトレーラー映像の公開がスタートした。

◎Noel Gallagher’s High Flying Birds – Who Built The Moon? Official Album Trailer
https://youtu.be/WRplVmpZCa8

◎リリース情報
New Album『Who Built The Moon?』
国内盤
2017/11/22 RELEASE
<初回生産限定盤[CD+DVD]>
3,400円(tax out) / ハードカバー・ブックレット+3方背ボックス仕様
<通常盤[CD]>
2,200円(tax out) / 紙ジャケット仕様
<トラックリスト>
01. Fort Knox
02. Holy Mountain
03. Keep On Reaching
04. It’s A Beautiful World
05. She Taught Me How To Fly
06. Be Careful What You Wish For
07. Black & White Sunshine
08. Interlude (Wednesday Part 1)
09. If Love Is The Law
10. The Man Who Built The Moon
11. End Credits (Wednesday Part 2)
12. Dead In The Water (Live at RTE 2FM Studios, Dublin) ※世界ボーナス・トラック
13. God Help Us All ※日本盤CDボーナス・トラック

関連記事リンク(外部サイト)

U2、ロンドン公演でノエル・ギャラガーと「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」を披露
リアム・ギャラガー、マンチェスター支援コンサートに出演しなかった兄ノエルに怒り
エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」、Spotify史上最多再生回数の記録を更新

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。