体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

比之葉ラプソディ 第3話「レモン爆発事件」|履歴小説

比之葉ラプソディ 履歴小説 第3話 比之葉ラプソディ 履歴小説

カツセマサヒコ、品田遊、ジョイマン高木、夏生さえり、比之葉ラプソディ。5人の作家・クリエイターが、同じ3枚の履歴書から妄想を膨らませて、それぞれの物語を綴る「履歴小説」。

最終回となる第3話のお題は、サッカーが趣味の高校生、岡田岳(17)の履歴書。okadagaku_rireksho※クリックで拡大

書き手は、謎の新人作家、比之葉ラプソディでお送りします。

 

比之葉ラプソディ 第3話「レモン爆発事件」

 

得体の知れない不吉な塊が岳の心を始終おさえつけていた。

梶井基次郎がこの物語を書くなら、一行目はこうだろう。小説『檸檬』では、主人公が書店に立ち寄り、本の上に置いたレモンがもしも爆弾だったら面白いなあと妄想する。一方で、岳がとある本の上に置いたレモンは、今まさに爆発しようとしていた。

岳には学がなかった。これは駄洒落ではない。本当に学がなかったのだ。高校1年生で合格した漢検4級は同級生から「奇跡」とされ、英語の授業では「パードゥン?」の響きを大変気に入り連呼して先生からキレられ、理科は「水兵リーベ僕の船」しか知らず、数学と社会に関してはテストで1点すら取ることができなかった。

そんな彼が唯一得意としたのが体育だった。部活はサッカー部に所属し、キャプテンとして机の上ではまったく見せない活躍を見せた。部活のメンバーはもとより、クラス中の誰からも好かれ、学はなくても、まっすぐさと、人懐っこさと、思いやりを持っていた。

「おい岳!帰ろうぜ!」

「ちょっと待って今レモン食べてるから」

「出たレモン!クエン酸で部活の疲れ癒やしてんじゃねえよ!」

岳はレモンが大好きだった。サッカーで疲労した体を癒すのにぴったりだと、常にカバンの中にまるっと3個忍ばせていたのだ。クエン酸の効果以上に、その小さくて黄色い物体は、岳の心をなぜだか落ち着かせた。

ある日の部活帰り、岳がひとりで近所の楽器屋を通りかかると、店の中にトイプードルとオードリー・ヘップバーンとシャボン玉を足して3で割らないような女性店員がいるのが見えた。なんて可愛いらしいんだろう。一目惚れした岳は、迷うことなく店の中に足を踏み入れた。女性店員は男性客と話しているところだった。

「ちなみに店員さん、名前は何て言うんですか?」

「わたしですか?わたしは、真実の鈴と書いて、真鈴と言います」

真鈴。鈴の漢字が浮かばなかったが、岳はその名前を大事そうに脳内フォルダへと格納した。季節はもう冬になろうとしていたが、岳の心は晴れた春の日のようにポカポカとしていた。

それから20日が経ち、いつものように楽器屋の前を通り過ぎると、真鈴の姿が見当たらない。今日はいないんだ…。そう思いながら岳はとぼとぼと家路につこうとしていた。すると、遠く前方から真鈴らしき人物が歩いてくるのが見えた。あの日見かけた男性客と、仲良く手をつなぎながら。

岳の目からは大粒の涙がこぼれ落ちていた。告白していないのにフラれた、そんな気分だった。春は残酷なほど早く過ぎ去っていった。

「真鈴さんは俺が守らなきゃ」

岳は決意に燃えていた。何がそう決意させたのか。それは、12月5日の出来事だった。

いつもより部活が長引いて帰りが遅くなった夜、岳は楽器屋の前を通らないルートで家路についていた。そこで偶然、バイト終わりの真鈴を見かけてしまう。これはまずい。そう思って道を引き返すと、不審な人物を目撃した。あの日の男性客、つまり真鈴の彼氏だ。なぜか真鈴の後をつけるように歩き、声をかけるでもなく、不気味な笑みを浮かべている。これは何かがおかしい。きっと別れてストーカーになったんだ。岳は直感的にそう感じた。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。