体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「豚バラの煮物」フライパンで簡単にシミシミに!誰かに話したくなる「味付けの法則」

f:id:kinniku39:20170920163757j:plain

こんにちは~、筋肉料理人です!

10月が間近になり、夜は冷えるようになりました。秋を感じるこの季節、秋の根菜を豚バラと一緒においしい煮物にして、晩酌には日本酒をきゅ~っと一杯! 根菜といえば、レンコンにごぼう、にんじん、大根もこれからおいしくなってきますね。

ところで、煮物といえば時間がかかるイメージですが、私がご紹介するのはフライパンで短めの時間、お手軽に作るレシピ。筋肉料理人流の「味付けの法則」さえ覚えれば、簡単においしい煮物が作れますよ。

筋肉料理人の「豚バラと秋の根菜の煮物」

【材料】 4人分

豚バラ肉 300g 大根 7~8cm(200g) レンコン 1節(300g) にんじん 1/2本(100g) ごぼう 1/2本(100g) 生しいたけ 4枚 生姜 1かけ 冷凍枝豆 適宜 だし昆布 5×10cm 砂糖 大さじ2と1/2 日本酒 大さじ5

(A) しょう油、みりん 大さじ5

作り方

f:id:kinniku39:20170920163820j:plain

1. 材料を切ります。レンコン、大根、にんじんはピーラーで皮をむき、一口大の乱切りにします。レンコンは水にさらしておきます。

f:id:kinniku39:20170920163825j:plain f:id:kinniku39:20170920163830j:plain

ごぼうはたわしでこすって泥を落とし、小さめの乱切りにしてから水にさらします。生姜は洗ってから皮ごと薄切りし、細く切ります。生しいたけは石突きを切り取り、半分に切ります。豚バラ肉は1cmの厚みに切っておきましょう。

※豚バラ肉は脂と赤身が半々位のものを買ってきましょう。脂が少ないより多めのほうがおいしいです。

※レシピに野菜の重量を書いています。皮をむいた後の重量です。それぞれの重量が変わってもいいので、合計重量が700gになるようにしましょう。

f:id:kinniku39:20170920163835j:plain

2. フッ素樹脂加工のフライパン(直径26cm以上のもの)に豚バラ肉を入れて強めの中火にかけます。豚バラ肉に焼き目がついたら返し、反対側にも焼き目をつけます。大根、にんじん、水気を切ったレンコン、ごぼうを加えてさっと炒め、日本酒、野菜がひたひたに漬かる位の水を入れます。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。