体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大塚 愛“日本一美しい星空”の下で「プラネタリウム」など星の曲を披露

大塚 愛“日本一美しい星空”の下で「プラネタリウム」など星の曲を披露

 大塚 愛が、「日本一美しい星空」と環境省に認定されたの長野県阿智村で、2017年9月23日に【AIO PIANO -星の音楽会 2017-】を開催した。

大塚 愛 ライブ写真(全5枚)

 昨年約2,500人近い観客を動員し好評だったライブイベント。今年は日本一の星空が見られる場所として知られる、長野県阿智村「富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら」の野外特設ステージにて、プロジェクションマッピング演出で一夜限りのスペシャルライブを行った。

 今年は演出チームとして、クリエイティヴカンパニーのNAKED Inc.が参加。NAKED Inc.とは、今年冬に開催された【FLOWERS by NAKED 2017 -立春-】のテーマソング「サクラハラハラ」に加え、6月にアルバムを引っさげて開催したツアー【LOVE HONEY TOUR 2017 ~誘惑の香りにYOUワクワク~】でのビッグフラワー演出など、3度目のタッグとなる。

 会場まではゴンドラに乗って、片道全長2,500メートル、15分間を経て移動。まさに天空の楽園のような場所へと観客を誘う。日没の19:45。代表曲「プラネタリウム」から始まると、メッシュスクリーンで覆われたステージがプロジェクションマッピングによって演出。ステージ上にいる大塚 愛が立体的に映像に包み込まれる星空の下での幻想的なライブは、他に体験することのできない美しい演出だった。

 中盤からは「ユメクイ」「ロケットスニーカー」など、アップテンポの楽曲で観客を盛り上げる。MCでは、「今年も阿智村の皆さんのおかげで、この素晴らしい環境の中でライブを開催することが出来ました。ありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝え、「私の曲は星の曲がたくさんあるので、いつもよりセットリストを考えやすかったです(笑)最後に、大塚 愛の星の曲と言えば。という楽曲を歌います」と、「クラゲ、流れ星」のピアノ弾き語りでライブを締めくくった。

Photo by 窪田 真一

◎セットリスト
【AIO PIANO -星の音楽会 2017-】
2017年9月23日(土)長野県阿智村
01. プラネタリウム
02. サクラハラハラ
03. 星のタンゴ
04. shooting star
05. ユメクイ
06. LUCKY☆STAR
07. ロケットスニーカー
EN. クラゲ、流れ星

関連記事リンク(外部サイト)

大塚 愛がエイベックスにもたらした変化とは? デビュー14周年記念インタビュー掘り起こし企画など開始
大塚 愛、多くの要望に応え自身プロデュース“香り”ファブリック・スプレー単体販売スタート
大塚 愛 ドラマ主題歌「私」MVでピンクベージュの世界を独り歩き続ける

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy