体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

防弾少年団の最新作、全米ALチャート初登場7位 韓国アーティスト初のTOP10入り

防弾少年団の最新作、全米ALチャート初登場7位 韓国アーティスト初のTOP10入り

 防弾少年団(BTS)のニュー・アルバム『LOVE YOURSELF 承 “Her”』が、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初登場TOP10入りを果たした。韓国のアーティストとして初めての快挙だ。

 “Billboard 200”チャートは、週ごとにセールス(従来の形態で販売された“トラディショナル・アルバム・セールス”(TAS)、トラックごとのダウンロード数をアルバム数に換算した“トラック・イクィヴァレント・アルバム”(TEA))と、ストリーミング再生数をアルバム数に換算して(“ストリーミング・イクィヴァレント・アルバム”(SEA))合算した総合アルバム・ランキング。10月7日付の最新チャートは現地時間9月26日に米ビルボードのサイトで発表される。

 ニールセン・ミュージックによると、『LOVE YOURSELF 承 “Her”』は2017年9月21日で終わるチャート週に3.1万ユニットを売り上げ、初登場7位を獲得した。内訳はTASが1.8万枚、残りはTEAが4,000ユニット弱、SEAが1万ユニット弱となっている。

 BTSはK-POPアーティストとしての“Billboard 200”最高位を更新しただけでなく、自らが保持するこのジャンル(K-POP)においての週間売上の記録も更新した。2016年にリリースした前作『WINGS』は、初週に11,000ユニットを全てデジタルで売り上げ、同年10月29日付チャートで初登場26位(最高位)を記録した。ちなみに“Billboard 200”TOP40にチャートインしたK-POPのアルバムは『WINGS』と『LOVE YOURSELF 承 “Her”』しかない。

 BTSの人気は『WINGS』をリリースしてから全米で急上昇したため、新作の好調な売れ行きはあまり驚くことではないのかもしれない。『WINGS』が“Billboard 200”にチャートインした週に彼らは“Social 50”チャートで初登場1位を獲得しており、その後計40週もNo.1の座に君臨している。米ビルボード“Social 50”チャートは、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、Wikipedia、Tumblrで最も人気のあるアーティストをランキングしている。

 各種SNSプラットフォームでの圧倒的な人気と、オンライン上の熱狂的なファン層のおかげで、BTSは今年5月に開催された【2017 ビルボード・ミュージック・アワード】(BBMAs)で<Top Social Artist>を受賞した。

関連記事リンク(外部サイト)

防弾少年団、最新作のトラックリストが公開 【BBMAs】に関するスキットも
防弾少年団、9/18発売の最新作でザ・チェインスモーカーズとコラボ
BTS(防弾少年団)、初のドーム公演が決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。