体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

富士山の雪解け水で作り上げられたざるそば

9月23日放送の「王様のブランチ」(TBS系、午前09時30分~)では、山梨県の旬のスポットを巡る女子旅のコーナーで、「御食事処 はんのき食堂」(山梨県南都留郡忍野村)が紹介された。

富士山麓の名所・忍野八海とその周辺の池には、約20年の歳月をかけて地中でろ過された水が湧き出ており、その水は吸い込まれそうなほど透き通っている。
忍野八海とは、名水百選にも選ばれた富士山の雪解け水が湧く8つの池の総称だ。2013年、富士山の構成資産のひとつとして世界文化遺産に登録されたことにより、世界中から観光客が訪れる名水スポットとなっている。

こちらのそば屋では、そんな富士山の名水を飲むだけでなく、おいしくいただくことが出来る。目の前に忍野八海の景色が広がるテラス席は、最高のロケーションだ。

地元忍野村産のそば粉と、富士山から涌き出る名水を使用した「ざるそば」(650円)を、齋藤明里さんと小林麗菜さんがいただいた。

「ざるそば」を一口啜った齋藤さんはその味に目を見開き、小林さんは、「うわっ、おいしいっ!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:はんのき食堂(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:河口湖・富士吉田・山中湖のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:河口湖・富士吉田・山中湖×和食のお店一覧
老舗そば店の黄色いそば「蘭切りそば」
オリーブオイルやコショウまで、燻製にこだわった燻製ラーメン

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy