体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【取材レポ】秋のお出かけに!最新トレンドメイク by資生堂

食欲の秋。芸術の秋。スポーツの秋。ファッションの秋…そう、いよいよ本格的な、行楽シーズンの秋が到来!

さまざまなお出かけシーンの機会が増えるこの季節ならではの、装いと合わせて楽しみたい“トレンドメイク”。ファッションよりももっとさりげなく気軽に取り入れられる、季節のお洒落のひとつである。

そんな今年の秋メイクのトレンドを、いち早く抑えておきたいところ!

今回は、日本を代表する化粧品メーカー・資生堂によるビューティセミナーで、日本の四季と流行、世界のファッショントレンドを知り尽くした同ブランドのメーキャップアーティストならではの「秋のお出かけトレンドメイク」をレクチャーしてもらった。

今回のセミナーでは、資生堂の広告ヘアメイクを中心に、国内外で幅広く活動されている中山夏子氏により、新商品を中心に使ったトレンドメイク2パターンのポイントを教わった。

■最新トレンド!秋のおでかけメイク①「ワントーンメイク」

まずは、資生堂が今季の本命トレンドとして提案する「ワントーンメイク」のポイントをご紹介!ポイントメイクをワントーンで仕上げる「ワントーンメイク」をお洒落に見えさせるコツは、“どこかに抜け感をつくる”こと。そして、色を統一することで全体的にのっぺりとした印象に見えがちなため、トレンドっぽさを出すためには、“立体感”がカギを握るという。

《ベースメイク》
秋の肌は、グロッシーな艶感を抑えた“シアーマット”な質感に着替えるのが◎。まずは「マキアージュ ピーチチェンジベースCC」で、肌のトーンと質感を整える。くるくるとマッサージするように馴染ませることで、うるおい成分をたっぷり含んだ美容液ベースが溶け込み、しっとりするのに肌表面はさらりと仕上がるのだそう!

そして、ファンデーション「マキアージュ ドラマティックリキッドUV」を肌の中央から外側に向かって、丁寧に広げながらぼかしていく。そうすることで、顔全体に立体感が生まれ、小顔効果も叶えられる。

左:マキアージュ ピーチチェンジベースCC
右:マキアージュ ドラマティックリキッドUV (全7色)

《アイメイク》
目元も口元もピンクブームだった春夏と一変、秋冬は落ち着いた印象で肌馴染みの良いブラウン系カラーにシフト。定番のブラウン系メイクを旬顔に仕上げるポイントは、「ワントーンメイク」による“引き算”と“眉の線で魅せる強さ”。このバランスが、今っぽい抜け感に。

まずは眉。今季は、より自然な太さと角度のナチュラルなアーチ型眉がトレンド。「マキアージュ アイブロウ パレット(全3色)」のローズ系カラーなら、どんな眉の濃さ・太さの人でも、ふんわり質感&立体的で、大人ムードな美人眉に仕上がる。

そして、アイシャドウパレット「マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ(5種類)」のベージュカラー2色をブラシで混ぜて、アイホールにぼかしてワントーンのグラデーションアイをつくる。下まぶたも同様にグラデーションにすることで、単色使いでも、ぱっちりと奥行きのある目元に。(後列中央のBE303を使用)

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。