体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【鉄道メシ】創業100年を超える駅弁の名店カフェで“押す前の”鯵の押寿しを味わう「茶のみ処 大船軒」

f:id:Meshi2_IB:20170816100844j:plain

東海道本線・大船駅に大きなカーブを描いて入ってきたのは、特急「踊り子」号。

中でも伊豆急下田行と修善寺行を併結した列車は、在来線の特急では最長の15両編成で、東海道本線を下っていきます。

f:id:Meshi2_Writer:20170802210613j:plain

▲185系電車・特急「踊り子」

グリーンストライプの車体が印象的な185系電車は、昭和56年(1981年)のデビュー。

1980年代のカジュアルな雰囲気が、今となっては懐かしく感じますね。

老舗駅弁屋さんが作ったカフェ

観音さまでおなじみの大船駅西口。

表通りから1本裏に入った通りに、レトロな雰囲気を漂わせる建物があります。

それがここ。

f:id:Meshi2_Writer:20170802210636j:plain

▲駅弁で有名な「大船軒」の本社社屋

この建物こそ、明治時代からこの地で1世紀以上にもわたり駅弁の製造販売を手掛ける「大船軒」の本社社屋。

大船軒のお弁当は「踊り子」号の車内販売にもよく積み込まれていますよね。

建物は昭和6年(1931年)築ということで、185系「踊り子」号より50年先輩!

重厚な造りとおしゃれさを兼ね備えた、“昭和モダン”の建築美を今に伝えています。

築86年を迎えたレトロな建物の趣きある階段を上がって2階へ……。

本社社屋の一角で、平成23年(2011年)から営業しているのが、「茶のみ処 大船軒」です。

f:id:Meshi2_Writer:20170802210659j:plain

▲茶のみ処 大船軒

ココは建物が持つ昭和初期の雰囲気をそのままいかした、駅弁屋さんの“カフェ”。

入口で靴を脱いでスリッパに履き替えることもあって、まるで誰かのお宅にお邪魔したような気分になります。

さあ、一歩足を踏み入れますと……?

f:id:Meshi2_Writer:20170802210731j:plain

▲趣きたっぷりの「茶のみ処 大船軒」店内

実にアンティークな雰囲気。

テーブルは2人掛けが8つと、4人掛け1つの計20席。

そこには、ごく“わざわざ訪れた人だけ”のための空間が広がっていました。

大きめの窓から差し込む陽光が、程よい明るさを生み出していて、まるで、戦前の上流階級の人たちの社交場のような空気すら感じられます。

“押す前の”寿司が堪能できる

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。