体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お出汁たっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ!赤坂「やげんぼり」の京料理

赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
赤坂といえば、ちょっとセレブなイメージのある場所。でも、実は美味しいランチがリーズナブルに食べれるお店がいっぱいあるんですよ。そんな赤坂で「美味しい出し巻き玉子」が食べられると有名なお店があります。今回は、そのお店の美味しいランチを紹介いたします。

ご飯はおひつで提供される!

赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
「美味しい出し巻き玉子」がランチで食べられるのは、地下鉄赤坂見附駅からほど近い場所にある「やげんぼり赤坂店」。京料理を出しているお店です。暖簾をくぐって中に入りましょう。

赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
中に入るとお店の方が案内してくれます。この日は2階の席に案内されました。

赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
ランチのメニューはリーズナブルな「八坂」、「嵯峨野」、「鴨川(夏季以外)」(全て1,100円)と、ちょっと贅沢な「お昼のおまかせ」(4,200円)があります。他にも単品料理も注文できますよ。

今回は、名物の出し巻き玉子のついた「八坂」と、夏以外に食べられる鮪ととろろご飯がついた「鴨川」を注文しました。

注文をしてしばらくすると、ご飯がおひつに入って運ばれてきます。

赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
なんだかちょっと気分が上がっちゃいますね(笑)。ランチのセットには他にも赤出汁、小鉢、じゃこ、漬物などがついてきます。

赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ

箸を入れたら出汁がたっぷりの出し巻き玉子

とにかく、このやげんぼりに来たら食べて欲しいのが「出し巻き玉子」なんです。見てください! この大きくてふっくらした玉子を!

赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
箸を入れると、じんわりと出汁が溢れ出します。一口入れると、優しい味が口の中に広がり、もう口福なんです。

赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
シンプルなのだけど、自信があるからこそ出せる出し巻き玉子をメインにしたランチなのですね。

そしてもうひとつのランチ、「鴨川」は・・・

赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
夏季以外にしか食べられないという「鴨川」も、鮪ととろろご飯という最強コンビ。鮪にとろろを合わせて、温泉卵も一緒にご飯にかけて食べると、なんとも言えない美味しさなんです。

赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
夏以外に訪れた際は、お友達などと一緒に別々のメニューを注文してみるといいかもしれませんよ。

ランチの時間は並ぶことも

赤坂「やげんぼり」の出汁がたっぷりの絶品出し巻き玉子ランチ
やげんぼりのランチは、とにかく人気があります。訪れた日は時間を少しずらして行ったものの、店内は満席でした。夜のメニューは少しお高めなので、ランチでリーズナブルに食べられるというのと、この出し巻き玉子を食べたいという人が多いからでしょう。ランチに訪れる際は、ぜひ時間をずらして、余裕のある時に行ってみてくださいね。

京都のはんなりした味の出し巻き玉子が食べられるランチ、ぜひぜひ赤坂に行った際はおためしください。

やげんぼり赤坂店
東京都港区赤坂3-19-5
営業時間:
平日 昼:11:30~14:00(ラストオーダー:13:30)
   夜:17:30~23:00(ラストオーダー:21:30)
土曜 昼:11:30~14:00(ラストオーダー:13:30)
   夜:17:30~22:00(ラストオーダー:20:30)
http://www.yagenbori.co.jp/tenpo/akasaka/

[All Photos by Kaori Simon]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。